光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング

 
4H-SiC,GaN,ダイヤモンドなどのワイドギャップ半導体は次世代の低損失パワーエレクトロニクスを構築する材料として研究が推進されている1)。新しい半導体によるデバイス実装には高い信頼性が要求されるが,デバイスは欠陥などによるリーク電流,異常発熱,電界集中などで動作不良を起こす。特にワイドギャップパワーデバイスは高い電界強度を保持することが必須である。デバイスの内部電界が材料の絶縁破壊電界強度を超えると,パワーシステムは正常かつ安全に動作することができなくなってしまう。このような状況をシミュレーションのみで予測することは困難である。よって,動作デバイスの内部電界をその場計測するセンシング手法が必要となる。デバイスの電気特性を計測する技術として原子間力顕微鏡をベースにしたケルビン力顕微鏡2)などがこれまでに提案されている。しかしながら,これらの方法は材料の表面のみの情報しか得られず,高電圧動作中のデバイス内部情報にアクセスすることができない。そこで,我々はデバイスに内包された単一電子スピンを利用する新しい定量的電界計測手法を提案した3)。ダイヤモンド中の窒素‐空孔(NV)センター4)やSiC中のSi空孔5〜7)など,単一電子スピンを利用する量子センサ構造をワイドギャップ材料中に形成することができる。ここでは,ダイヤモンドデバイス中に形成した単一NVセンターを利用した電界検出について紹介する。ダイヤモンド半導体は高絶縁破壊電界強度(10 MV/cm)および高熱伝導率(20 W/cmK)を有していることから,次世代の低損失かつ小型パワーシステムを構築する材料として期待されている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 分子の自己組織化を用いた機能性色素の創製と発光性センサー材料の開発
    分子の自己組織化を用いた機能性色素の創製と発光性センサー材料の開発 九州大学 小野利和 2018年07月04日
  • 光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用
    光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用 徳島大学 南川丈夫 2018年06月04日
  • 白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用
    白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用 東京理科大学 瀬戸啓介 2018年05月01日
  • 自己光混合法を用いたナノ物性測定装置
    自己光混合法を用いたナノ物性測定装置 東京都市大学 須藤誠一 元東海大学 大塚建樹 2018年04月09日
  • 製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡
    製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡 静岡大学 臼杵 深 2018年03月13日
  • 光を使ったナノ炭素材料の分散制御技術
    光を使ったナノ炭素材料の分散制御技術 国立研究開発法人産業技術総合研究所 神徳啓邦 2018年02月08日
  • ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして—
    ポリマー光ファイバーで挑戦する民間の防災 —有機材料の利点を生かして— 電気通信大学 古川 怜 2018年01月16日
  • ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング
    ヘテロコア光ファイバが埋め込まれた柔軟素材を用いた生体情報センシング 創価大学 小山勇也,西山道子,渡辺一弘 2017年12月11日