ナノ精度コピーによる超高精度ミラーの量産化

1.はじめに

光学システム,光学機器を構成するためにミラーは不可欠である。ミラーの形状誤差は,光学系において不要な収差を生む。そのため,形状誤差が可能な限り低減されたミラーの開発が長年行なわれてきた。現在,研削,研磨などの機械加工によりPeak-to-valley(PV)で100 nmの精度でミラーを容易に作製可能である。一般的な可視領域で使用されているミラーの多くは安価であり,光学性能に影響しない十分高い精度を有している。

一方,EUV(Extreme Ultraviolet)やX線領域における短波長用のミラーの製造には未だ課題がある。この領域で必要なPV10 nmレベルの精度の高いミラーは,計測された形状誤差を修正するように加工が行われる。そのため,高精度なミラーは一品生産である。シングルナノメートルの精度を有する加工と形状計測を複数回繰り返す必要がある。形状が複雑になればなるほど,加工と計測において大変な労力と時間を要する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング
    光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング 東京工業大学 岩崎孝之,成木 航,田原康佐,波多野睦子 産業技術総合研究所 牧野俊晴,加藤宙光,小倉政彦,竹内大輔,山崎 聡 2017年08月07日
  • 2次元複屈折分布の高速・高解像イメージング技術
    2次元複屈折分布の高速・高解像イメージング技術 同志社大学 小川拓真,高橋直暉,中島亮平,江本顕雄 国立研究開発法人産業技術総合研究所 福田隆史 2017年07月11日
  • ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器
    ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器 兵庫県立大学 吉木啓介 2017年05月16日
  • シングルピクセルイメージング</br> 〜単一画素計測による画像取得〜
    シングルピクセルイメージング
    〜単一画素計測による画像取得〜
    神戸大学 仁田功一 2017年04月03日
  • 有機薄膜光集積回路
    有機薄膜光集積回路 東京工業大学 雨宮智宏,金澤 徹,平谷拓生,荒井滋久
    三井化学㈱ 浦上達宣
    2017年03月08日
  • 自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源</br> ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源
    ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    和歌山大学 尾崎信彦 2017年02月03日
  • 力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT)
    力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT) 大阪市立大学 佐伯壮一,古川大介 産業技術総合研究所 坂田義太朗 2017年01月06日
  • 単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性
    単色波長可変THz波光源で明らかにする半導体キャリア特性 国立研究開発法人理化学研究所 大野誠吾,南出泰亜,伊藤弘昌 古河機械金属㈱ 濱野哲英 2016年12月12日