シリコンを材料に用いた赤外光検出器

1. はじめに

赤外光は通信波長帯として利用される。また,その波長帯にはグルコースやヘモグロビンなど,生体物質の吸収も存在する。さらに,近年では,近赤外波長帯を用いた距離計測などがロボット分野などで広く使われている。このように,赤外波長帯では光検出器やイメージャが盛んに研究されている波長帯である。本項は,このように近年ニーズが高まっている,赤外光を検出する,安価かつ高機能化が可能な検出器の研究とその進展について述べる。

赤外光検出器には,大別して熱型と量子型のセンサが存在する。量子型の赤外光検出器は,熱型のセンサと比較して応答が高速なので,高速リアルタイムでの物体認識が必要な自動運転やロボット向けに高いニーズが存在するといえる。材料としてシリコンを利用した量子型光検出器は,一般的なCMOSプロセスとの整合性があり,なおかつ材料が安価なので,ゲルマニウムや水銀カドミウムテルルなどの化合物半導体を利用したものと比較して,さまざまな優位性がある。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • ナノ精度コピーによる超高精度ミラーの量産化
    ナノ精度コピーによる超高精度ミラーの量産化 東京大学 三村秀和 2017年09月08日
  • 光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング
    光検出磁気共鳴法を用いたワイドギャップパワーデバイスの量子センシング 東京工業大学 岩崎孝之,成木 航,田原康佐,波多野睦子 産業技術総合研究所 牧野俊晴,加藤宙光,小倉政彦,竹内大輔,山崎 聡 2017年08月07日
  • 2次元複屈折分布の高速・高解像イメージング技術
    2次元複屈折分布の高速・高解像イメージング技術 同志社大学 小川拓真,高橋直暉,中島亮平,江本顕雄 国立研究開発法人産業技術総合研究所 福田隆史 2017年07月11日
  • ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器
    ジョーンズベクトルで記述できる全ての偏光・位相を生成する液晶空間光変調器 兵庫県立大学 吉木啓介 2017年05月16日
  • シングルピクセルイメージング</br> 〜単一画素計測による画像取得〜
    シングルピクセルイメージング
    〜単一画素計測による画像取得〜
    神戸大学 仁田功一 2017年04月03日
  • 有機薄膜光集積回路
    有機薄膜光集積回路 東京工業大学 雨宮智宏,金澤 徹,平谷拓生,荒井滋久
    三井化学㈱ 浦上達宣
    2017年03月08日
  • 自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源</br> ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    自己組織化InAs量子ドットを用いた近赤外広帯域光源
    ─高分解能光コヒーレンストモグラフィーへの応用─
    和歌山大学 尾崎信彦 2017年02月03日
  • 力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT)
    力学特性のマイクロ断層可視化(多機能OCT) 大阪市立大学 佐伯壮一,古川大介 産業技術総合研究所 坂田義太朗 2017年01月06日