分子の自己組織化を用いた機能性色素の創製と発光性センサー材料の開発

1. はじめに

近年,エネルギー変換材料への応用を志向した機能性色素の開発が益々注目を集めており,有機エレクトロルミネッセンス発光体,色素増感太陽電池,色素レーザー,農園芸用波長変換材料,セキュリティインク,バイオイメージング材料などの最先端科学での需要が高まっている1)。有機化合物からなる機能性色素は,ほぼ無限の分子設計が可能なことに大きな強みを持ち,計算化学(コンピュータを用いた性質予測)と有機合成化学との融合により,所望の性質を持つ機能性色素の創製が可能となりつつある。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 高複屈折性材料を指向した含硫黄液晶分子の開発
    高複屈折性材料を指向した含硫黄液晶分子の開発 豊橋技術科学大学 荒川優樹 2018年12月07日
  • 多層膜型フォトニック結晶による分光偏光同時イメージング
    多層膜型フォトニック結晶による分光偏光同時イメージング 宇都宮大学 篠田一馬 2018年11月09日
  • 食べられる再帰性反射材とその応用
    食べられる再帰性反射材とその応用 群馬大学 奥 寛雅 2018年10月04日
  • 半導体光増幅器を用いた光アナログ-デジタル変換 電気通信大学 松浦基晴 2018年09月10日
  • 超解像多光子顕微鏡 国立研究開発法人理化学研究所1,国立研究開発法人科学技術振興機構・さきがけ2 磯部圭佑1, 2,戸田圭亮1,緑川克美1 2018年08月02日
  • 光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用
    光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用 徳島大学 南川丈夫 2018年06月04日
  • 白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用
    白色パルス光源の強度雑音キャンセル法の開発と誘導ラマン分光イメージングへの応用 東京理科大学 瀬戸啓介 2018年05月01日
  • 自己光混合法を用いたナノ物性測定装置
    自己光混合法を用いたナノ物性測定装置 東京都市大学 須藤誠一 元東海大学 大塚建樹 2018年04月09日