超解像多光子顕微鏡

1. はじめに

超解像顕微鏡1〜3)や多光子顕微鏡4, 5)を含む様々な蛍光顕微鏡が開発され,生命現象解明のための重要な技術になっている。しかし,空間分解能,観察可能な深さ,時間分解能,視野の広さがトレードオフの関係にあるため,脳組織などの生体組織深部のイメージングにおいて,イメージング性能が足りていない。例えば,超解像顕微鏡は回折限界を超えた空間分解能を達成できるが,試料の表面近傍しか観察できない。この理由は,微弱な信号光が背景光に埋もれやすいためである。

一方,多光子顕微鏡は生体組織の深部観察に有用であるが,励起波長が長いために空間分解能は共焦点顕微鏡よりも低い。また,レーザー走査型の顕微鏡では,広い視野を高解像度で観察しようとすると,レーザー走査時間が長くなるため,時間分解能が低下する。そのため,1細胞の個性を測定できる空間分解能と,多細胞による複雑な生命現象を可視化するための広い視野を,同時に実現することは困難である。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 低温レーザー照射による機能性セラミックスのマイクロ配線化プロセス
    低温レーザー照射による機能性セラミックスのマイクロ配線化プロセス 山形大学 西山宏昭 2019年05月13日
  • バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~ 山形大学 石﨑 学,栗原正人 2019年04月05日
  • ホログラム光学素子と信号処理を融合したイメージング技術
    ホログラム光学素子と信号処理を融合したイメージング技術 東京工業大学 中村友哉 2019年03月11日
  • 光デバイスの超高密度実装を可能とするFGHP<sup>®</sup>テクノロジー
    光デバイスの超高密度実装を可能とするFGHP®テクノロジー 鹿児島大学 水田 敬 2019年02月08日
  • 液晶性を活用した実用的な有機薄膜トランジスタ材料
    液晶性を活用した実用的な有機薄膜トランジスタ材料 東京工業大学 飯野裕明 2019年01月09日
  • 高複屈折性材料を指向した含硫黄液晶分子の開発
    高複屈折性材料を指向した含硫黄液晶分子の開発 豊橋技術科学大学 荒川優樹 2018年12月07日
  • 多層膜型フォトニック結晶による分光偏光同時イメージング
    多層膜型フォトニック結晶による分光偏光同時イメージング 宇都宮大学 篠田一馬 2018年11月09日
  • 食べられる再帰性反射材とその応用
    食べられる再帰性反射材とその応用 群馬大学 奥 寛雅 2018年10月04日