高複屈折性材料を指向した含硫黄液晶分子の開発

1. はじめに

液晶ディスプレイ(以下,LCD)の普及に伴い,液晶という言葉が身近なものとなった。液晶は,三次元的な配向秩序により異方性を有する結晶と,配向秩序がなく流動的な等方性液体の間に発現する中間相である。異方性と流動性の両性質を兼ね備えるため,電磁場や擦り,延伸などの外力により分子配向の制御が可能となる。LCDの中では液晶分子が偏光のシャッターとして利用されている。

液晶は棒状や円盤型などの分子の形状に起因した凝集により発現し,様々な種類の相がある。LCDに代表される液晶を用いた光学材料には,分子の重心の位置の秩序がなく,流動性の高いネマチック(N)系液晶がもっぱら用いられている(図1)。「液晶=テレビ」という認識が世間的には強いと思われる一方で,液晶研究者はLCD1)の他にも,液晶というユニークな場を利用した出口を模索する研究も活発に行っている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • ToFセンサーを用いた協調ロボットの安全対策のための近接覚センサー 福岡大学 辻 聡史 2019年09月04日
  • 偏光ドーナッツビームを生成するワンチップレーザ 京都工芸繊維大学 北村恭子 2019年08月02日
  • トンボから発見された紫外線反射ワックス
    トンボから発見された紫外線反射ワックス (国研)産業技術総合研究所 二橋 亮 2019年07月10日
  • ITOおよびIZOに代わる酸化インジウム系透明導電材料開発の試み
    ITOおよびIZOに代わる酸化インジウム系透明導電材料開発の試み 工学院大学 相川慎也 2019年06月07日
  • 低温レーザー照射による機能性セラミックスのマイクロ配線化プロセス
    低温レーザー照射による機能性セラミックスのマイクロ配線化プロセス 山形大学 西山宏昭 2019年05月13日
  • バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~ 山形大学 石﨑 学,栗原正人 2019年04月05日
  • ホログラム光学素子と信号処理を融合したイメージング技術
    ホログラム光学素子と信号処理を融合したイメージング技術 東京工業大学 中村友哉 2019年03月11日
  • 光デバイスの超高密度実装を可能とするFGHP<sup>®</sup>テクノロジー
    光デバイスの超高密度実装を可能とするFGHP®テクノロジー 鹿児島大学 水田 敬 2019年02月08日