トンボから発見された紫外線反射ワックス

1. 「トンボのめがね」が見ている世界

「とんぼのめがねは,水色めがね。青いお空をとんだから♪」

トンボの成虫は大きな複眼を持ち,基本的に視覚で相手を認識している。そのため,オスとメスで全く異なる色の種類が多く,さらには成熟過程で色が大きく変わる種も珍しくない。童謡でもお馴染みの「とんぼのめがね」だが,どのような色の世界を見ているのだろうか。実はトンボは,動物の中でも色覚に関する遺伝子を極端に多く持っているのである1, 2)(Futahashi et al., 2015, Futahashi, 2016)。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 近赤外光を活用できる有機金属錯体の合成技術 金沢大学 古山渓行 2020年02月19日
  • Plane-to-Rayライトトランスポート計測に基づく皮下血管のリアルタイムイメージングシステム 奈良先端科学技術大学院大学 久保尋之 2020年01月20日
  • 可変メタサーフェスを利用した光位相変調素子 東京農工大学 岩見健太郎 2019年12月20日
  • 高速波長可変レーザーと広帯域光音響顕微鏡 (国研)理化学研究所 丸山真幸 2019年11月19日
  • 新生児医療へのIoT導入の挑戦
    新生児医療へのIoT導入の挑戦 横浜国立大学 太田裕貴,稲森 剛,磯田 豊 横浜市立大学魚住 梓,伊藤秀一 2019年10月03日
  • ToFセンサーを用いた協調ロボットの安全対策のための近接覚センサー 福岡大学 辻 聡史 2019年09月04日
  • 偏光ドーナッツビームを生成するワンチップレーザ 京都工芸繊維大学 北村恭子 2019年08月02日
  • ITOおよびIZOに代わる酸化インジウム系透明導電材料開発の試み
    ITOおよびIZOに代わる酸化インジウム系透明導電材料開発の試み 工学院大学 相川慎也 2019年06月07日