新生児医療へのIoT導入の挑戦

1. 医療分野へのIoT導入

IoT(Internet of Things)とは,モノ同士がインターネットを介して接続され,お互いに通信しあい情報を共有し,制御しあう概念である。1999年にIoTが提唱され,約20年になり,それが現実のものとなる時代を迎えつつある。とりわけ2018,19年はIoT本格化の過渡期ともいえる年である。今後,IoTは更に発展し,2022年~2025年には年間約1兆個のセンサが出荷される。結果として,更に多種多様なセンサに囲まれた社会が構築され,より多くのセンサの種類と感度が社会から求められる。

現在,ヘルスケア,スポーツ,インフラストラクチャ,ロボティクス等多くの分野でIoTの普及が進めれている。その中でも,ヘルスケア・医療におけるIoTの普及は,社会保障費の過度な増大が問題となっている日本で最も注目されている分野の一つである。医療におけるIoTの導入はAI(人工知能),機械学習を基礎とした情報からのアプローチと,ウェアラブル端末を用いた機械電子(ハード)からのアプローチがあるが,両者は独立しているものではなく,相互に綿密に関係している。現在,ヘルスケア機器大手のオムロン社,ベンチャー企業のPGVなどでは遠隔治療に関するスマートデバイス,睡眠時の脳機能解析のためのウェアラブル型脳波計などについて研究・開発がなされている。一方で,医療用IoT研究として未開拓な分野がある。それがNICU(Neonatal Intensive Care Unit)を含めた新生児周産期医療である。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • メタ表面基板の利活用による高感度・高信頼性の蛍光バイオセンサー (国研)物質・材料研究機構 岩長祐伸 2020年03月18日
  • 近赤外光を活用できる有機金属錯体の合成技術 金沢大学 古山渓行 2020年02月19日
  • Plane-to-Rayライトトランスポート計測に基づく皮下血管のリアルタイムイメージングシステム 奈良先端科学技術大学院大学 久保尋之 2020年01月20日
  • 可変メタサーフェスを利用した光位相変調素子 東京農工大学 岩見健太郎 2019年12月20日
  • 高速波長可変レーザーと広帯域光音響顕微鏡 (国研)理化学研究所 丸山真幸 2019年11月19日
  • ToFセンサーを用いた協調ロボットの安全対策のための近接覚センサー 福岡大学 辻 聡史 2019年09月04日
  • 偏光ドーナッツビームを生成するワンチップレーザ 京都工芸繊維大学 北村恭子 2019年08月02日
  • トンボから発見された紫外線反射ワックス
    トンボから発見された紫外線反射ワックス (国研)産業技術総合研究所 二橋 亮 2019年07月10日