近赤外光を活用できる有機金属錯体の合成技術

1. はじめに

太陽光は無尽蔵かつクリーンなエネルギー源であることから,再生可能エネルギーとしての活用をはじめ,幅広い基盤技術において必須である。光材料科学の観点からは,どの波長域の光を用いるかが重要となる。中でも可視光(400〜700 nm程度)を強く吸収する材料はヒトの目に鮮やかな色として映ることもあり,非常に古くから研究がされてきた。一方,近赤外光(特に700〜1000 nmの波長域)は太陽光エネルギーのほぼ半数を占め,かつ自然界のほとんどの物質と相互作用しないため,この領域を活用できる材料は,太陽エネルギーをより有効に活用でき,かつ感度や安全面でも優れていると考えられる。しかし,その特性上近赤外光はヒトの目で知覚できず,研究の注目度という意味でも可視光ほど注目されてこなかった。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
  • ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発 (国研)産業技術総合研究所 篠崎 健二 2020年10月02日
  • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日
  • 電子状態計測で挑むEUV露光光源用プラズマの最適設計 北海道大学 富田健太郎 2020年08月07日
  • 高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体
    高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体 北海道大学 北川裕一 2020年07月17日
  • レーザーせん断応力計と知的乱流制御 室蘭工業大学 大石義彦 2020年06月10日
  • 電界処理を用いたガラスへの光情報記録と表面構造化技術 北見工業大学 酒井大輔 2020年05月25日
  • シースルーなプロジェクション型ライトフィールドディスプレイ (国研)情報通信研究機構 涌波光喜 2020年04月20日