メタ表面基板の利活用による高感度・高信頼性の蛍光バイオセンサー

1. はじめに

光を使ったバイオセンサーは反射率や透過率,蛍光(化学蛍光を含む),ラマン散乱,分子の赤外吸収を測定する方法など種々あり,バイオセンサーのなかで多数派を占めている。最初に歴史的な経緯から振り返ってみよう。

表面プラズモン共鳴(SPR)法は1990年頃にマイクロ流路と組み合わせる測定配置が確立し,安定的な測定が可能となった1)。この方法はSPR付近の波長域における反射率変化を観測するもので,典型的な検出限界は1μg/ml程度(モル濃度へ大まかに換算すると,数nM程度。M=mol/l)である。

さらに高精度の分子検出法として,酵素を援用した免疫検定法であるエライザ法が開発され,検出対象分子に標識された酵素によって増殖する副次生成物の濃度を透過率または化学蛍光を測定することで高感度化を実現した。現在の医療診断の標準的な分子検定法として用いられている。この方法の検出限界は,市販キットによって,幅があるが,典型的な最良値は1 pM程度であると認識されている2)

エライザ法において,化学蛍光の測定点数を20万点程度まで大幅に増やし,統計処理を経て,ごく稀な事象まで検出するデジタル・エライザ(または,単一分子カウンティング)と呼ばれる方法3)があり,この方法では1 fM程度の極低濃度検出限界を報告する例が少なからずある。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体
    高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体 北海道大学 北川裕一 2020年07月17日
  • レーザーせん断応力計と知的乱流制御 室蘭工業大学 大石義彦 2020年06月10日
  • 電界処理を用いたガラスへの光情報記録と表面構造化技術 北見工業大学 酒井大輔 2020年05月25日
  • シースルーなプロジェクション型ライトフィールドディスプレイ (国研)情報通信研究機構 涌波光喜 2020年04月20日
  • 近赤外光を活用できる有機金属錯体の合成技術 金沢大学 古山渓行 2020年02月19日
  • Plane-to-Rayライトトランスポート計測に基づく皮下血管のリアルタイムイメージングシステム 奈良先端科学技術大学院大学 久保尋之 2020年01月20日
  • 可変メタサーフェスを利用した光位相変調素子 東京農工大学 岩見健太郎 2019年12月20日
  • 高速波長可変レーザーと広帯域光音響顕微鏡 (国研)理化学研究所 丸山真幸 2019年11月19日