レーザーせん断応力計と知的乱流制御

1. はじめに

船舶における摩擦抵抗低減技術開発で,特に流体と船底との接触によって摩擦抵抗が生じる。船体が占める全抵抗の50〜70%にも及び,流体と接触する表面積に比例するため大型になるほど影響が大きい。摩擦抵抗低減させるための実用的な省エネルギー技術開発は,船舶分野において長年の課題となっている。これまで数多くの船舶摩擦抵抗低減のための省エネルギーディバイスが発明されてきたが,空気潤滑法の発明は成功した例であり,国際的な競争までに発展している1)

この方法は船底に空気吹出口を設置するのみのシンプルな構造なため既存船舶,新造船の両者に導入しやすい。特に空気を吹き込むだけなので環境に与える負荷が小さいことは容易に想像できる。船舶の船底に空気を潤滑させることで,船舶の省エネ効果を向上させる技術はすでに実用化されており,5%程度の省エネ効果が確認されている。しかし,初期の研究フェーズにおける空気潤滑法は受動的な方法であり,摩擦抵抗低減の効果は吹き込まれる空気量によって決まってしまう程度で学術的な有効性を失っていた。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
  • ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発 (国研)産業技術総合研究所 篠崎 健二 2020年10月02日
  • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日
  • 電子状態計測で挑むEUV露光光源用プラズマの最適設計 北海道大学 富田健太郎 2020年08月07日
  • 高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体
    高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体 北海道大学 北川裕一 2020年07月17日
  • 電界処理を用いたガラスへの光情報記録と表面構造化技術 北見工業大学 酒井大輔 2020年05月25日
  • シースルーなプロジェクション型ライトフィールドディスプレイ (国研)情報通信研究機構 涌波光喜 2020年04月20日
  • メタ表面基板の利活用による高感度・高信頼性の蛍光バイオセンサー (国研)物質・材料研究機構 岩長祐伸 2020年03月18日