電子状態計測で挑むEUV露光光源用プラズマの最適設計

1. はじめに

軟X線(SoftX-Ray:SXR)及び極端紫外線(ExtremeUltra-Violet:EUV)(波長1-20nm程度)は,光電子分光を通じた機能性材料開発1)や,生体その場観測(水の窓領域,波長2.4-4.4nm)2),次世代半導体露光(波長6.xnm,13.5nm)3)など利用可能であることから,大きな注目を集めている。

この領域の光源方式は様々あるなかで,レーザー生成プラズマ(Laser-ProducedPlasma:LPP)方式は,多価電離プラズマを生成し,特定の波長域のみに大光量の光源を可能とする。LPPは加速器と比較して小型で経済的優位性を有すると同時に,X線管を始めとする実験室光源よりも6桁程度高出力である4)

また硬X線と異なり,SXR/EUVでは反射(干渉)光学系が存在するため,求められるのは照明光学系が許容するエタンデュ(発光面積×立体角)内での高出力である。加速器に代表される超低エタンデュ(エミッタンス)・高輝度光源とは全く異なる性能が求められる。このような事情もあり,半導体露光(波長13.5nm)ではLPPが採用されている5)

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日
  • 高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体
    高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体 北海道大学 北川裕一 2020年07月17日
  • レーザーせん断応力計と知的乱流制御 室蘭工業大学 大石義彦 2020年06月10日
  • 電界処理を用いたガラスへの光情報記録と表面構造化技術 北見工業大学 酒井大輔 2020年05月25日
  • シースルーなプロジェクション型ライトフィールドディスプレイ (国研)情報通信研究機構 涌波光喜 2020年04月20日
  • メタ表面基板の利活用による高感度・高信頼性の蛍光バイオセンサー (国研)物質・材料研究機構 岩長祐伸 2020年03月18日
  • 近赤外光を活用できる有機金属錯体の合成技術 金沢大学 古山渓行 2020年02月19日
  • Plane-to-Rayライトトランスポート計測に基づく皮下血管のリアルタイムイメージングシステム 奈良先端科学技術大学院大学 久保尋之 2020年01月20日