ガラス構造設計に基づく光機能ガラスの開発

1. はじめに

本稿ではガラス構造を設計することで新たな光機能ガラスを開発する試みについて紹介する。ガラス材料は光学レンズや光ファイバーなど,光学実験には欠かせない素材の一つである。SiO2やBK7など多成分系の酸化物のほか,ZBLANなどのフッ化物,中赤外用途であればカルコゲナイドガラスなど様々な種類のガラスが光学分野において使用されている1)

典型的には,ガラスは高温でドロドロの水飴状に溶けた高粘性融液を冷やして固化することで得られる。ガラスを高温で軟化させることで,容易にプレス成形したり引き伸ばすことでファイバーにすることができる。ガラスは紫外から可視,中赤外域に至るまで(ガラスによっては長赤外まで)広い波長域で高い透明性を持ち,光学的均質性が高く,硬さや熱的・化学的耐久性等にも優れている。

また,ガラス材料はあらゆる元素を任意の量で含有させることにより屈折率・分散など様々な物性を緻密に設計することができるため,複雑な組成比からなる多成分系のガラス材料が実用に供されている。フォトニクス分野においても,光を透過,屈折させるだけでなく,ガラス材料のさらなる高機能化に向けた研究が盛んに行われている。表面処理やナノインプリントなどの形状制御による外部構造へのアプローチと2),ガラス内部のランダムな構造の中に何らかの特徴を設計する内部構造へのアプローチが考えられるが,本稿ではガラスの内部構造を中心に取り上げる。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 高解像蓄光イメージングを可能にする高輝度長寿命室温りん光分子 電気通信大学 平田 修造 2020年11月09日
  • 印刷技術を用いたナノフォトニクスデバイス作製と高感度バイオセンサ開発 大阪府立大学 遠藤達郎 2020年09月01日
  • 電子状態計測で挑むEUV露光光源用プラズマの最適設計 北海道大学 富田健太郎 2020年08月07日
  • 高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体
    高色純度・高輝度・高耐久性の分子性赤色発光体 北海道大学 北川裕一 2020年07月17日
  • レーザーせん断応力計と知的乱流制御 室蘭工業大学 大石義彦 2020年06月10日
  • 電界処理を用いたガラスへの光情報記録と表面構造化技術 北見工業大学 酒井大輔 2020年05月25日
  • シースルーなプロジェクション型ライトフィールドディスプレイ (国研)情報通信研究機構 涌波光喜 2020年04月20日
  • メタ表面基板の利活用による高感度・高信頼性の蛍光バイオセンサー (国研)物質・材料研究機構 岩長祐伸 2020年03月18日