虚像で遊ぶ

月谷昌之介

通勤電車は僕の住んでいる盆地からちょっとした渓谷を抜けて,職場がある平野へと走っていく。列車の窓からは渓谷の四季の移り変わりが眺められ,毎日がプチ観光気分だ。

ひかりがたり1309_p1

或る朝,僕はそんな通勤電車の車両連結部付近の席に座っていた。その日は,たまたま眼の前に立派な体格の紳士が立ちはだかっていたため,向かいの窓を左から右に流れているはずの景色を見ることはできなかった。しかし,左横を見てみると,向かいの窓とは垂直な配置になっている連結部の窓に,僕が本来見ようとしていた景色が反射して映っている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • ガウシアンビームの伝播(1) 2020年02月17日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日