煩悩と散乱光

hikari_1401_02

どうも片付けが苦手である。机の上には雑多なものが無秩序に散乱している。「きっと頭の中だって同じようなものだろう」と良く人に言われるが,それは当たっている。いつでも色々なことが頭を駆け巡っていて,全くもって散乱状態である。

「散乱」という言葉には,仏教用語で「煩悩のために心乱れること」という意味もあるが,何だか自分のためにあるのではないかと思ってしまう。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日