色の名前も源氏名か?

hikari_1312_01

物理学者であり名随筆家でもあった寺田寅彦は,「柿の種」という短文集の中で,原子番号数で呼べば完全に事足りるはずの元素に付いている「水素」とか「酸素」とか「テルリウム」とか「ウラニウム」とかという名前を,一種の「源氏名」のようなものだと述べている。

源氏名というのは,源氏物語の各帖の題名を宮中の女官や武家の奥女中に付けたものだ。なんだか雅な趣を感じないではないが,いっぽうで僕は俗っぽいことを想像してしまうのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • ガウシアンビームの伝播(1) 2020年02月17日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日