OPT三拍子

hikari_1501_01

光学のことを英語でopticsというのだと知ったのは,大学に入ってからのことだ。以来,特に疑問もなくopticsという言葉を使っていた。一方で,光の世界にはphotonicsという呼び名もあって,なんだかそっちのほうがかっこ良さげに感じてしまうのである。これは僕に限ったことではなく,世の中全体の風潮だ。たぶん最近の光屋さんは自分の専門をphotonicsだと言う人のほうがopticsだと言う人よりも多いはずだ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 音に色? 月谷昌之介 2020年05月27日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日