光芒 ─ヤコブの梯子で遊ぶ─

hikari_1502_01

犬を飼っているので朝夕は散歩に連れて行かなくてはならない。もともと子供の要望で飼い始めたのだが,欲しがった当の本人はちっとも世話をしないから,結局,妻と僕の二人で交代に面倒を見ると言う構図である。冬の朝の散歩はつらい。

だけれども,冬にも良いことがある。日の出が遅い冬には,ちょうど散歩の時間に日の出を迎えることができる。東の空に少し雲がかかっていて,その隙間からその日最初の日の光が光芒となって放たれたりすると,天から一日の力をもらったような気分になる。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 音に色? 月谷昌之介 2020年05月27日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日