隣の芝生は青かった

hikari_1507_01

「隣の芝生は青く見える」という言葉がある。これは,“The grass is always greener on the other side of the fence”が日本語に訳されたもので,「他人の物は何でも自分の物よりも上等に見えてしまう」という意味で使われる。「まあ,そんなに他人を羨ましがらなくてもいいんじゃない」というご教訓的な意味で用いられるが,同じ意味のことわざはいくつかあって,「隣の薔薇は赤く見える」とか,中には「隣の飯はうまい」などというものもある。日本では芝生のある家が決して多いとは思えないが,なぜだか「隣の芝生…」が一般的によく用いられるのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 音に色? 月谷昌之介 2020年05月27日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日