眠れる海底資源に光を当てる
─海底レーザースキャナーの開発とその意義

◆石橋 正二郎(イシバシ ショウジロウ)
JAMSTEC海洋工学センター 海洋技術開発部探査機技術グループ グループリーダー代理 主任技術研究員
1975年生まれ。東京商船大学大学院商船学研究科修了 博士(工学)。
2003年 海洋科学技術センター(現:海洋研究開発機構)入所。入所時より主に航法装置および海中探査機(下記)の研究開発に従事。
深海巡航探査機「うらしま」先端技術検証機「MR-X1」大深度小型探査機「ABISMO」生物トラッキング探査機「PICASSO」資源探査用探査機「おとひめ」「ゆめいるか」「じんべい」

現在,海中光学を用いた海底可視化技術,海中通信技術に関する研究開発を進めている。

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は昨年12月,自律型無人探査機(Autonomous Underwater Vehicle:AUV)に搭載したレーザースキャナーを用いて,水深約200 mの海底地形を全長600 m,幅50 mにわたり,数cm単位の解像度で3D測定することに世界で初めて成功した。

レーザースキャナーを用いた環境測定は,航空機による地形計測や植生のモニタリングなどが広く行なわれている。しかし,これまで海中で使用された例は殆ど無かった。

「これからは海中でもフォトンの伝搬をもっと積極的に使うべきです」と,今回レーザースキャナーを開発したグループの責任者である石橋正二郎氏は言う。

これまで海での光学測定が困難だった理由とは何か。そしてそれを可能にした技術とは何か。今回開発したスキャナーを中心に,海中「光学」の現状と問題点について同氏に話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 次世代灯台への採用が射程に入ったCOB光源─海上保安試験研究センターで進む開発 海上保安庁 品野 馨 2018年05月25日
  • 光技術が支える海の道標 ─灯台に見る光学系の歴史とその進化 海上保安庁 平野宏志 2018年04月20日
  • 光技術がつくる自動運転の未来 ─期待されるその社会的価値 慶應義塾大学 大前 学 2018年03月27日
  • 半導体レーザーに見る光技術のイノベーション ─日米の違いがもたらしたものは 一橋大学 清水 洋 2018年02月22日
  • 光技術が可能にする安心・安全な農作物 ─迫る危機から日本の農業を救え 農業・食品産業技術総合研究機構 霜田政美 2018年01月16日
  • 宇宙に浮かぶ太陽光発電所 ─天空からのエネルギー伝送に挑む 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 大橋一夫,北倉和久,鈴木拓明,吉田裕之 2017年12月12日
  • 犯罪に立ち向かう光技術 ─僅かな証拠も逃さない科警研の研究とは 科学警察研究所 秋葉教充 2017年11月01日
  • レーザークリーニング技術と実用の可能性
    レーザークリーニング技術と実用の可能性 ㈱タマリ工業 三瓶和久 2017年11月01日