眠れる海底資源に光を当てる
─海底レーザースキャナーの開発とその意義

◆石橋 正二郎(イシバシ ショウジロウ)
JAMSTEC海洋工学センター 海洋技術開発部探査機技術グループ グループリーダー代理 主任技術研究員
1975年生まれ。東京商船大学大学院商船学研究科修了 博士(工学)。
2003年 海洋科学技術センター(現:海洋研究開発機構)入所。入所時より主に航法装置および海中探査機(下記)の研究開発に従事。
深海巡航探査機「うらしま」先端技術検証機「MR-X1」大深度小型探査機「ABISMO」生物トラッキング探査機「PICASSO」資源探査用探査機「おとひめ」「ゆめいるか」「じんべい」

現在,海中光学を用いた海底可視化技術,海中通信技術に関する研究開発を進めている。

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は昨年12月,自律型無人探査機(Autonomous Underwater Vehicle:AUV)に搭載したレーザースキャナーを用いて,水深約200 mの海底地形を全長600 m,幅50 mにわたり,数cm単位の解像度で3D測定することに世界で初めて成功した。

レーザースキャナーを用いた環境測定は,航空機による地形計測や植生のモニタリングなどが広く行なわれている。しかし,これまで海中で使用された例は殆ど無かった。

「これからは海中でもフォトンの伝搬をもっと積極的に使うべきです」と,今回レーザースキャナーを開発したグループの責任者である石橋正二郎氏は言う。

これまで海での光学測定が困難だった理由とは何か。そしてそれを可能にした技術とは何か。今回開発したスキャナーを中心に,海中「光学」の現状と問題点について同氏に話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 光遺伝学というツールで</br>脳機能と神経活動の謎に迫る
    光遺伝学というツールで
    脳機能と神経活動の謎に迫る
    2017年07月11日
  • 光を素材として扱い,</br>陰影を与えて空間や物体の魅力を高める
    光を素材として扱い,
    陰影を与えて空間や物体の魅力を高める
    2017年06月13日
  • 最先端の光学技術で文化財を守る
    最先端の光学技術で文化財を守る 2017年05月18日
  • フェムト秒レーザーに新たな命を吹き込む</br>「現代の魔法使い」
    フェムト秒レーザーに新たな命を吹き込む
    「現代の魔法使い」
    2017年04月12日
  • IoTで作る放射線測定器(後編)
    IoTで作る放射線測定器(後編) 2015年08月10日
  • ガラス中での金属球のレーザマニピュレーションと軌跡への微粒子の析出
    ガラス中での金属球のレーザマニピュレーションと軌跡への微粒子の析出 2015年08月03日
  • IoTで作る放射線測定器(前編)
    IoTで作る放射線測定器(前編) 2015年07月31日
  • 技術の階層
    技術の階層 2015年07月31日