レーザークリーニング技術と実用の可能性

1. はじめに

レーザークリーニング技術はレーザー光を用いた非接触の処理方法である。航空機部材の塗装剥離の環境改善を主目的として開発されたもので,それまで有機溶剤で行われてきた塗装の剥離をレーザーによる処理に置き換えることで,廃液の処理等が必要なくなり,高効率な環境にも優れた手法として注目を集めてきた。

従来,自動車をはじめとする工業製品の洗浄に適用されてきた有機溶剤やサンドブラスト等で排出される二次廃棄物処理の課題を解決することができる廃材がほとんど出ない手法としても,レーザークリーニング技術が期待されている。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日
  • 成長期の「棚からぼた餅」 2020年01月06日
  • 喋りたいことが喋れる質問を 2019年12月17日
  • 分からないのにありがたい
    分からないのにありがたい 2019年12月02日
  • 弱力,弱光技術とアパレル 2019年11月19日
  • 眼鏡レンズコーティングの最新動向—眼の健康を考慮した眼鏡レンズコーティング—
    眼鏡レンズコーティングの最新動向—眼の健康を考慮した眼鏡レンズコーティング— 東海光学㈱ 高橋宏寿 2019年10月11日