分からないのにありがたい

(度々お経を聞くようになりました)

年を取ったことの自然な結果で,葬儀への参加頻度が増えました。そのため,お坊さんの読経を聞く機会も増えました。これまで宗教とは関係のない人生を送ってきた結果で,何度読経を聞かせて頂いても内容は全く理解できません。

しかしむしろ,読経の意味が分かるような方は,玄人,つまりお坊さんか宗教の専門家だけかと思います。素人の私は,仕方がないので,お経は内容を理解できるかどうかは関係なく,聞くだけでありがたみがあるのだと思い込みます。

(仏教以外はどうでしょうか)

とにかく,漢文で書かれたお経は読めません。口語訳のお経もありますが,読み上げても読経とは対応させられません。昔はどうだったのでしょうか。結構理解されていたのでしょうか。「門前の小僧習わぬ経を読む」の小僧さんも意味は理解してません。

他の宗教,例えばキリスト教やイスラム経では,聖書やコーランがあり,日本語に翻訳された内容からは意味は読み取れます。聞くだけでは意味が取れない,読経のような表現もあるのでしょうか。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • カテゴリーの脳内フローラ 2020年03月31日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • ガウシアンビームの伝播(1) 2020年02月17日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日
  • 成長期の「棚からぼた餅」 2020年01月06日