カテゴリーの脳内フローラ

(優しい先輩の難しいお言葉)

どんな職場にいても,良い先輩に恵まれるのは幸せなことです。私も恵まれました。しかし,アドバイスや指導の言葉が難しくて困ったこともあります。ある先輩の発言です。「こんな場合は一次微分しろよ」。

その後に続いた発言で,おっしゃりたいことの感じは分かりました。変化や特異点に注目しろという程度の意味でした。微分,まして一次という言葉に特段の意味はありませんでした。このお言葉はその方の一種の口癖で,その後も何度もお聞きしました。

(もっと難しかったお言葉)

他の先輩からの発言でもっと面食らったのは,「勝手に話の境界条件を変えるなよ」です。会話に形や境界がある訳でもなく,したがって,境界条件といわれても理解することは困難でした。前提条件や何かと,言い間違えたのかとも思いました。

もちろん,話は何らかのイメージを踏まえて展開されます。ですので,話題のイメージについては「境界」をイメージしても良いかもしれません。そうすると先輩の発言は,「今やっている議論のイメージに合うことだけ言え」との解釈になります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 三方一両損 2020年05月18日
  • メタボとイノベーション 2020年04月30日
  • 評価のパラドックス 2020年04月16日
  • 情報通信の通信機能以外のご利益 2020年03月18日
  • 「どっちか」より「どっちも」 2020年03月03日
  • 聞くは一時の恥とは言いますが 2020年02月18日
  • 組織的積極的もの忘れ 2020年01月31日
  • 相撲放送を見ていて感じました 2020年01月17日