ミラー(Ⅱ)

3 考察

3.3 凹面鏡
⑴ 凹面鏡による像
図7.9 凹面鏡の焦点と主点
図7.9 凹面鏡の焦点と主点

凹面鏡は,凸レンズと同じような働きをするので,実像と虚像を作ることができる。図7.9に示すように,光軸に対して平行に入射した光が集光する点が焦点である。レンズとは違い,焦点は一つしかない。焦点から出た光は,凹面鏡で反射して平行光になる。また,レンズと同じようにして,主点を定義することができる。

凹面鏡の場合,主点は,鏡の軸上の点に等しい。球面鏡の場合,鏡の中心から出た光は,鏡の中心に戻る。鏡の場合も,レンズ(Ⅰ)で求めたレンズの公式(式(1.4))が成り立つ。球面鏡の半径をrとすると,焦点距離は次式で表される。

式7.1(7.1)

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 最終章
    最終章 2017年02月13日
  • 光ファイバ(Ⅱ)
    光ファイバ(Ⅱ) 2017年01月19日
  • 光ファイバ(Ⅰ)
    光ファイバ(Ⅰ) 2016年12月16日
  • ホログラム(Ⅲ)
    ホログラム(Ⅲ) 2016年11月17日
  • ホログラム(Ⅱ)
    ホログラム(Ⅱ) 2016年10月07日
  • ホログラム(Ⅰ)
    ホログラム(Ⅰ) 2016年09月15日
  • ミラー(Ⅰ)
    ミラー(Ⅰ) 2016年07月11日
  • 偏光子(Ⅲ)
    偏光子(Ⅲ) 2016年06月10日