眼鏡レンズコーティングの最新動向—眼の健康を考慮した眼鏡レンズコーティング—

1. はじめに

現在,眼鏡レンズの95%以上はプラスチック素材となっている。プラスチック素材は軽い,割れにくい,加工し易いなど,メリットは豊富にあるが,キズや熱に対する耐性はガラス素材よりも劣る。よって,それらのデメリットを補うため,種々のコーティングが施されている。一般的にはハードコート,反射防止コート,撥水コートの3種のコーティングがレンズの両面に成膜されている。今回は反射防止コートに焦点を当て,最近の眼鏡レンズコーティングの動向について説明する。

反射防止コートは反射による光の損失を抑え,透過率を上げることを目的としたコーティングである。眼鏡レンズの分野では,真空蒸着法による成膜が主流であり,5~7層程度の誘電体多層膜から形成される。

10年程前までは誘電体多層膜の層数や各層の膜厚を調整し,耐熱性能や耐傷性能,耐クラック性能など,レンズの性能を向上させることに重点が置かれていた。

勿論,昨今でも各社,レンズの性能を上げることは行われているが,紫外線や青色光線,近赤外線のような有害光線から眼を守る『眼の健康を考慮した機能レンズ』の開発が盛んに行われており,中でもブルーライトカットコートや近赤外線カットコートは市場に多く出回っている。紫外線も有害光線であることは周知の事実であるが,眼鏡レンズにおいては,プラスチック素材の中に紫外線吸収剤が添加されているため,眼鏡レンズではコーティングで特別にカットする必要はない。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • ホログラフィック波長多重と位相変調の設計を活用するレンズレスカラー3次元画像センシング技術 国立情報学研究所,国立研究開発法人科学技術振興機構・さきがけ,関西大学 田原 樹 シグマ光機㈱ 大谷礼雄 東京農工大学 高木康博 2018年08月02日
  • ネジ締め固定と同時に自己調心を実現する高精度セルフ-センタリング締結技術と光学分野への応用
    ネジ締め固定と同時に自己調心を実現する高精度セルフ-センタリング締結技術と光学分野への応用 プレサイスゲージ㈱ 小石 結 2018年07月12日
  • 液晶空間光変調素子を使ってみませんか
    液晶空間光変調素子を使ってみませんか 宇都宮大学 早崎芳夫 2018年07月12日
  • 精密電子回路をガラスコップなどの曲面にも形成可能,かつ超高速/高性能な光造形も可能な1台2役3Dプリンターの実用化に向けて
    精密電子回路をガラスコップなどの曲面にも形成可能,かつ超高速/高性能な光造形も可能な1台2役3Dプリンターの実用化に向けて カンタツ㈱ 大嶋英司 2018年07月11日
  • レーザークリーニング技術と実用の可能性
    レーザークリーニング技術と実用の可能性 ㈱タマリ工業 三瓶和久 2017年11月01日
  • 深紫外(波長<300 nm)LEDの樹脂封止</br>〜水銀フリー時代の幕開け〜
    深紫外(波長<300 nm)LEDの樹脂封止
    〜水銀フリー時代の幕開け〜
    創光科学㈱1,旭硝子㈱2,名古屋大学3,名城大学4
    平野 光1,長澤陽祐1,一本松正道1,青崎 耕2,天野 浩3,赤﨑 勇3, 4
    2016年11月21日
  • コンクリート音響探傷システム
    コンクリート音響探傷システム ㈱東芝 多田友行,西村 修,千星 淳,池田賢弘 2015年12月15日
  • マイクロトロン電子加速器で実現した産業用X線CTの特徴
    マイクロトロン電子加速器で実現した産業用X線CTの特徴 ㈱光子発生技術研究所 前尾修司,山田貴典 ㈱みらくるセンター 尾崎健人 立命館大学 山田廣成 2015年11月06日