レーザー(Ⅱ)

3. レーザーの発振原理

3.2 光共振器

前号において,レーザー媒質に電流を流すことにより発光することを説明した。しかし,特別の構造がない場合には,この光はレーザー光とはならない。

レーザー発振させるには,共振器構造が必要である。共振器の説明をする前に,屈折率の異なる物質に光が入射する際の反射について考える。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 最終章 ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年08月19日
  • 光学迷彩(Ⅱ) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年07月20日
  • 光学迷彩(I) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年06月29日
  • レーザー(ⅤI) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年05月26日
  • レーザー(Ⅴ) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年04月22日
  • レーザー(Ⅳ) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年03月23日
  • レーザー(Ⅲ) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2020年03月02日
  • レーザー(Ⅰ) ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2019年12月20日