人間拡張工学がデザインする未来の世界 ─光学迷彩の先にあるもの

◆稲見 昌彦(イナミ マサヒコ)
東京大学先端科学技術研究センター教授。博士(工学)。

電気通信大学,慶應義塾大学等を経て現職。自在化技術,Augmented Human,エンタテインメント工学に興味を持つ。米TIME誌Coolest Invention of the Year,文部科学大臣表彰若手科学者賞などを受賞。超人スポーツ協会発起人・共同代表。著書に『超人スポーツ誕生』(NHK出版新書)がある。

「光学迷彩」という言葉を聞いて思わずニヤリとしてしまう人はSFファンに限らず,今回お話を聞かせて頂いた稲見氏の同世代には少なくないだろう。かくいう記者もその一人である。

漫画「攻殻機動隊」や映画「プレデター」に登場する周囲の風景を纏うことで姿を隠す光学迷彩は,メタマテリアルによって実現可能と言われている。しかし稲見氏は,再帰性反射材とプロジェクターという身近な材料でこの技術を再現し世間を驚かせた。

今回のインタビューの中で稲見氏は,私たちがどこにでも同時に存在しうる近未来の可能性を示すとともに,その端緒はすでに開きつつあり,光学迷彩のように既存の技術がそこへと導いてくれていることを語ってくれた。

その世界では高速なインターネット回線や高精細ディスプレーといった光学技術が重要な役割を果たす。私たちを待ち受けるかもしれない近未来社会とはどんな世界か。その一端を垣間見て頂きたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光のマイナスとプラスの面を操り作物育生に貢献する─大学の知見が植物工場を軌道に乗せる ㈱アグリライト研究所 園山芳充 2018年11月16日
  • 日本の林業復活のキーデバイスとなるか ─LiDARによる森林計測とそのポテンシャル ㈱woodinfo 中村裕幸 2018年10月22日
  • 光技術は日本のピンチを救えるか ─インフラ保守におけるレーザーの役割とは 鉄道総合技術研究所 上半文昭 2018年08月28日
  • 近赤外光を当て,がん細胞だけを短時間で破壊!─世界が注目する近赤外光線免疫療法とは? 米国国立がん研究所/米国国立保健衛生研究所(NIH) 小林久隆 2018年07月23日
  • 巨大望遠鏡で宇宙の起源に迫る! ─開発が進むTMT望遠鏡の光学系とは 国立天文台 尾崎忍夫 2018年07月19日
  • 常識を覆す小さなレーザー加工機メーカー─新たな市場を創るsmartDIYsの挑戦 ㈱smartDIYs 有井佳也,塩島宏孝 2018年06月20日
  • 次世代灯台への採用が射程に入ったCOB光源─海上保安試験研究センターで進む開発 海上保安庁 品野 馨 2018年05月25日
  • 光技術が支える海の道標 ─灯台に見る光学系の歴史とその進化 海上保安庁 平野宏志 2018年04月20日