人間拡張工学がデザインする未来の世界 ─光学迷彩の先にあるもの

◆稲見 昌彦(イナミ マサヒコ)
東京大学先端科学技術研究センター教授。博士(工学)。

電気通信大学,慶應義塾大学等を経て現職。自在化技術,Augmented Human,エンタテインメント工学に興味を持つ。米TIME誌Coolest Invention of the Year,文部科学大臣表彰若手科学者賞などを受賞。超人スポーツ協会発起人・共同代表。著書に『超人スポーツ誕生』(NHK出版新書)がある。

「光学迷彩」という言葉を聞いて思わずニヤリとしてしまう人はSFファンに限らず,今回お話を聞かせて頂いた稲見氏の同世代には少なくないだろう。かくいう記者もその一人である。

漫画「攻殻機動隊」や映画「プレデター」に登場する周囲の風景を纏うことで姿を隠す光学迷彩は,メタマテリアルによって実現可能と言われている。しかし稲見氏は,再帰性反射材とプロジェクターという身近な材料でこの技術を再現し世間を驚かせた。

今回のインタビューの中で稲見氏は,私たちがどこにでも同時に存在しうる近未来の可能性を示すとともに,その端緒はすでに開きつつあり,光学迷彩のように既存の技術がそこへと導いてくれていることを語ってくれた。

その世界では高速なインターネット回線や高精細ディスプレーといった光学技術が重要な役割を果たす。私たちを待ち受けるかもしれない近未来社会とはどんな世界か。その一端を垣間見て頂きたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 犯罪に立ち向かう光技術 ─僅かな証拠も逃さない科警研の研究とは 科学警察研究所 秋葉教充 2017年11月01日
  • レーザーが解き明かす地球太古の姿 ─地球科学と光学の「熱い」関係 東京工業大学 太田健二 2017年10月05日
  • 日本の半導体レーザー技術イノベーションの力を強くしたい ─そのための支援を強力に行なう ツルギフォトニクス財団 東盛裕一 2017年09月22日
  • 光遺伝学というツールで脳機能と神経活動の謎に迫る 理化学研究所
    脳科学総合研究センター 
    村山正宜
    2017年07月11日
  • 光を素材として扱い,陰影を与えて空間や物体の魅力を高める 照明デザイナー 
    Tokyo Lighting Design LLC代表 
    矢野大輔
    2017年06月13日
  • 最先端の光学技術で文化財を守る 東京文化財研究所 
    犬塚将英
    2017年05月18日
  • フェムト秒レーザーに新たな命を吹き込む「現代の魔法使い」 メディアアーティスト/
    筑波大学助教 
    落合 陽一
    2017年04月12日
  • 眠れる海底資源に光を当てる
    ─海底レーザースキャナーの開発とその意義
    JAMSTEC
    海洋工学センター 
    石橋 正二郎
    2017年03月09日