レーザーが解き明かす地球太古の姿 ─地球科学と光学の「熱い」関係

◆太田 健二(オオタ ケンジ)
東京工業大学理学院地球惑星科学系 講師。博士(理学)。

1983年3月生まれ。2010年 東京工業大学 大学院理工学研究科 地球惑星科学専攻 博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(SPD)として大阪大学極限量子科学研究センターにて研究を行ない,2013年11月より現職。2015年に日本高圧力学会奨励賞を受賞。

今年の5月,東京工業大学,愛媛大学,大阪大学,高輝度光科学研究センターらのグループは,地球の内核の電気伝導度を超高圧高温条件下で測定することに成功したと発表した。これにより,地球の内核の年齢がこれまで考えられてきたよりもはるかに「若い」可能性があるという結果が導き出された。これは従来常識とされてきた太古地球の歴史を書き換える大発見だという。

今回の快挙につながった研究には,レーザーとSPring-8が重要な役割を果たした。意外なようだが,地球科学にとってレーザーは無くてはならない貴重なツールなのだそうだ。記者も様々な場面で「レーザーにこういう使い方があるのか」と感心させられてきたが,地球の歴史を紐解くことにまで使われているとは驚きである。

果たして地球科学の現場でレーザーはどのように使われているのであろうか。今回はこの研究を中心となって進めた,東京工業大学 地球惑星科学系講師の太田健二氏に地球科学とレーザーの「熱い」関係について伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

その他関連ニュース

  • 日本の半導体レーザー技術イノベーションの力を強くしたい ─そのための支援を強力に行なう ツルギフォトニクス財団 東盛裕一 2017年09月22日
  • 人間拡張工学がデザインする未来の世界 ─光学迷彩の先にあるもの 東京大学
    先端科学技術研究センター 
    稲見昌彦
    2017年08月28日
  • 光遺伝学というツールで脳機能と神経活動の謎に迫る 理化学研究所
    脳科学総合研究センター 
    村山正宜
    2017年07月11日
  • 光を素材として扱い,陰影を与えて空間や物体の魅力を高める 照明デザイナー 
    Tokyo Lighting Design LLC代表 
    矢野大輔
    2017年06月13日
  • 最先端の光学技術で文化財を守る 東京文化財研究所 
    犬塚将英
    2017年05月18日
  • フェムト秒レーザーに新たな命を吹き込む「現代の魔法使い」 メディアアーティスト/
    筑波大学助教 
    落合 陽一
    2017年04月12日
  • 眠れる海底資源に光を当てる
    ─海底レーザースキャナーの開発とその意義
    JAMSTEC
    海洋工学センター 
    石橋 正二郎
    2017年03月09日