レーザーが解き明かす地球太古の姿 ─地球科学と光学の「熱い」関係

◆太田 健二(オオタ ケンジ)
東京工業大学理学院地球惑星科学系 講師。博士(理学)。

1983年3月生まれ。2010年 東京工業大学 大学院理工学研究科 地球惑星科学専攻 博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(SPD)として大阪大学極限量子科学研究センターにて研究を行ない,2013年11月より現職。2015年に日本高圧力学会奨励賞を受賞。

今年の5月,東京工業大学,愛媛大学,大阪大学,高輝度光科学研究センターらのグループは,地球の内核の電気伝導度を超高圧高温条件下で測定することに成功したと発表した。これにより,地球の内核の年齢がこれまで考えられてきたよりもはるかに「若い」可能性があるという結果が導き出された。これは従来常識とされてきた太古地球の歴史を書き換える大発見だという。

今回の快挙につながった研究には,レーザーとSPring-8が重要な役割を果たした。意外なようだが,地球科学にとってレーザーは無くてはならない貴重なツールなのだそうだ。記者も様々な場面で「レーザーにこういう使い方があるのか」と感心させられてきたが,地球の歴史を紐解くことにまで使われているとは驚きである。

果たして地球科学の現場でレーザーはどのように使われているのであろうか。今回はこの研究を中心となって進めた,東京工業大学 地球惑星科学系講師の太田健二氏に地球科学とレーザーの「熱い」関係について伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 巨大望遠鏡で宇宙の起源に迫る! ─開発が進むTMT望遠鏡の光学系とは 国立天文台 尾崎忍夫 2018年07月19日
  • 常識を覆す小さなレーザー加工機メーカー─新たな市場を創るsmartDIYsの挑戦 ㈱smartDIYs 有井佳也,塩島宏孝 2018年06月20日
  • 次世代灯台への採用が射程に入ったCOB光源─海上保安試験研究センターで進む開発 海上保安庁 品野 馨 2018年05月25日
  • 光技術が支える海の道標 ─灯台に見る光学系の歴史とその進化 海上保安庁 平野宏志 2018年04月20日
  • 光技術がつくる自動運転の未来 ─期待されるその社会的価値 慶應義塾大学 大前 学 2018年03月27日
  • 半導体レーザーに見る光技術のイノベーション ─日米の違いがもたらしたものは 一橋大学 清水 洋 2018年02月22日
  • 光技術が可能にする安心・安全な農作物 ─迫る危機から日本の農業を救え 農業・食品産業技術総合研究機構 霜田政美 2018年01月16日
  • 宇宙に浮かぶ太陽光発電所 ─天空からのエネルギー伝送に挑む 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 大橋一夫,北倉和久,鈴木拓明,吉田裕之 2017年12月12日