光技術が支える海の道標 ─灯台に見る光学系の歴史とその進化

◆平野 宏志(ヒラノ アツシ)
海上保安庁 交通部整備課 航路標識企画官

2昭和58年4月 海上保安庁入庁
主な勤務経歴
小樽航路標識事務所/第一管区海上保安本部工務課/第八管区海上保安本部工務課/第七管区海上保安本部浮標課/第四管区海上保安本部工務課/神戸海上保安部交通課/第五管区海上保安本部整備課/海上保安庁交通部整備課

岬の先端に屹立する灯台は,古くより海原を往く船舶の水先案内人としてその役割を担う一方,闇に煌めく閃光や碧い海を背景に際立つ白い構造体が,人々の心にロマンや旅情を掻き立ててきた。

ところで,灯台の目的が「光で遠方を照らす」ことである以上,我々の興味は,その光学技術がどのような変遷を経てきたのかに重きが置かれる。

今回,灯台を管轄する海上保安庁の平野氏に話を聞いた。古くより姿が変わらぬ様に見える灯台だが,そこでは常に最新の技術が採り入れられてきた。中でもLEDや太陽電池の進歩は,灯台の運用に革命とも言える影響を与えたという。

そして今,灯台はさらなる進化を遂げようとしている。それは灯台という歴史的建造物を守り,後世に伝えていくための試みでもある。身近なようで詳細を知る機会の少ない灯台。その新旧の技術が入り混じる歴史と現状,そしてこれからをご覧いただきたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光学研究者・技術者が求められる社会にあって,大学教育と学会のサポートは重要 大阪大学/日本光学会 谷田 純 2019年02月21日
  • 重力波を捉えろ! 武蔵野の森に眠る「KAGRA」の前身が果たした役割とは? 国立天文台 正田 亜八香 2019年01月18日
  • 研究開発型などの付加価値の高い都市型産業づくりを推進─光学関連の研究者・技術者への求心力を高める 板橋区長 坂本 健 2018年12月21日
  • 光のマイナスとプラスの面を操り作物育生に貢献する─大学の知見が植物工場を軌道に乗せる ㈱アグリライト研究所 園山芳充 2018年11月16日
  • 日本の林業復活のキーデバイスとなるか ─LiDARによる森林計測とそのポテンシャル ㈱woodinfo 中村裕幸 2018年10月22日
  • 光技術は日本のピンチを救えるか ─インフラ保守におけるレーザーの役割とは 鉄道総合技術研究所 上半文昭 2018年08月28日
  • 近赤外光を当て,がん細胞だけを短時間で破壊!─世界が注目する近赤外光線免疫療法とは? 米国国立がん研究所/米国国立保健衛生研究所(NIH) 小林久隆 2018年07月23日
  • 巨大望遠鏡で宇宙の起源に迫る! ─開発が進むTMT望遠鏡の光学系とは 国立天文台 尾崎忍夫 2018年07月19日