巨大望遠鏡で宇宙の起源に迫る! ─開発が進むTMT望遠鏡の光学系とは

◆尾崎 忍夫(オザキ シノブ)
国立天文台 TMT推進室 特任研究員

2001年京都大学大学院理学研究科博士課程 物理・宇宙物理学専攻 単位取得退学。博士(理学)。
兵庫県立西はりま天文台,国立天文台 岡山天体物理観測所を経て国立天文台 TMT推進室へ。大学院時代から観測装置の開発と,それを用いた活動銀河の観測的研究を行なってきた。現在は次世代超巨大望遠鏡TMTの広視野可視光撮像分光装置WFOSの開発に携わる。

ガリレオが宇宙に望遠鏡を向けてから400年が経ち,我々は宇宙のさらに遠く,さらに昔の姿を見ることができるようになった。最近では太陽系外に生命の存在する可能性がある惑星が発見されるなど,その成果はますます注目を集めている。

しかし一方で,現在ある望遠鏡で見ることができる宇宙には限りがあるのも事実だ。そこで世界では宇宙のさらに奥深く,その起源をも探ることができる巨大望遠鏡の開発が始まっている。

その一つに今回のインタビューで紹介する30メートル望遠鏡「TMT」がある。TMTは日本を含めた5か国で推進されている国際プロジェクトで,日本は技術面を含めた重要な役割を担っている。

ここではTMTで用いられる光学技術について,搭載が予定されている観測装置の開発を担当する,国立天文台の尾崎忍夫氏に話を聞いた。果たしてTMTはどんな宇宙の秘密を私たちに見せてくれるのであろうか。その完成に世界が注目している。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 夜空に輝く人工流れ星が導く世界とは─いよいよ第一歩を踏み出す世界初の技術に迫る ㈱ALE 蒲池 康 2020年05月26日
  • 緑の光が日本の漁業を救う─陸上養殖のカギとなる光の効能とは 北里大学 高橋明義 2020年04月21日
  • 金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは 慶應義塾大学 小池 綾 2020年03月19日
  • 脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─ ㈱NeU 星野 剛史 2020年02月21日
  • 高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る 国立極地研究所 片岡 龍峰 2020年01月20日
  • 相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは? 東京大学 香取 秀俊 2019年12月20日
  • 光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは ㈱五藤光学研究所 笠原 誠 2019年11月19日
  • 光ピンセットが紡ぐ日台友好─研究者が見た台湾パワーの源泉とは 台湾・国立交通大学 増原 宏 2019年10月28日