光のマイナスとプラスの面を操り作物育生に貢献する─大学の知見が植物工場を軌道に乗せる

◆園山 芳充(ソノヤマ ヨシミツ)
山口県宇部市出身。立命館大学文学部地理学科卒業。

㈱アグリライト研究所 代表取締役。㈱ファインベジプロジェクト 代表取締役。山口大学大学院創成科学研究科(農学系)学術研究員。㈱アグリライト研究所を起業する1年前より山口大学農学部の学術研究員(現職),それまでは12年間,民間企業や大学研究室に研究機器や試薬などを納入する民間営業マン。小さいころからの理系指向(+地理好き)の頭脳が,営業・研究・経営と発展し続けている。

植物工場がブームとなってずいぶん経つ。設備さえ入れれば手軽に野菜が作れるかのような印象からか,あらゆる業種から参入が相次ぎ,バブル的な様相を見せていたのは記憶に新しい。だが,相手は生物である。工業製品のようにはいかなかったのか,かつての熱気は収束したようにも見える。

しかしここ数年,異常気象と呼ばれるような気候が常態化し,野菜の価格が毎年のように乱高下するようになった。安定的な供給を可能にする植物工場の可能性は,今こそ議論されるべきではないであろうか。

今回は山口大学発ベンチャーである㈱アグリライト研究所の園山芳充氏にお話を聞かせて頂いた。同社は大学の知見を活かし,植物の生育に関連した照明器具を開発すると共に,植物工場のコンサルティングも行なっている。氏が「野菜販売だけで儲けようというようなブームは去った」とする植物工場に求められるものとは何か。インタビューから少しでもヒントが見付かれば幸いである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 分光で食肉の素性を探れ! 食肉・食品業界で期待される光分析技術 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本山 三知代 2019年05月29日
  • 見えない脅威を光で暴き出す! 乱気流を捉えるドップラーライダーとその開発 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 井之口 浜木 2019年04月19日
  • レーザー加工がもたらす未来のものづくりシステムとは?─AIを駆使した加工レシピの最適化へ 東京大学 小林洋平 2019年03月22日
  • 光学研究者・技術者が求められる社会にあって,大学教育と学会のサポートは重要 大阪大学/日本光学会 谷田 純 2019年02月21日
  • 重力波を捉えろ! 武蔵野の森に眠る「KAGRA」の前身が果たした役割とは? 国立天文台 正田 亜八香 2019年01月18日
  • 研究開発型などの付加価値の高い都市型産業づくりを推進─光学関連の研究者・技術者への求心力を高める 板橋区長 坂本 健 2018年12月21日
  • 日本の林業復活のキーデバイスとなるか ─LiDARによる森林計測とそのポテンシャル ㈱woodinfo 中村裕幸 2018年10月22日
  • 光技術は日本のピンチを救えるか ─インフラ保守におけるレーザーの役割とは 鉄道総合技術研究所 上半文昭 2018年08月28日