日本発のLiDARは世界を変えるか?─「見たいところだけを見る」デバイスの実現に挑む

◆上塚 尚登(ウエツカ ヒサト)
㈱SteraVision CEO

1981年東京工業大学を卒業。専門領域は光デバイス技術。日立電線(現 日立金属)に入社し,光通信デバイスビジネスを立上げた。社内ベンチャーのヘッドとして約100億までの部門に成長させた経験を持つ。
2013年,産業技術総合研究所に入所。シリコン導波路,光スイッチ,光センサーの研究開発に従事。
2016年,産総研で開発した光デバイスと光センサーをコア製品としたベンチャー企業(SteraVision)を設立。工学博士。

自動運転に向けた研究開発が進む中,その基幹技術となることが確実視される「LiDAR」に注目が集まっている。照射したレーザーの戻り光から周囲の物体の形状や距離を捉えることができるため,いわば自動車の「目」としての役割が期待されているが,実用化に向けてはまだ課題も多い。

中でも「低価格」と「信頼性」の両立は必須とされており,光源の数と可動部を減らすことが試みられている。海外ではこれらを実現するアイデアを掲げたベンチャーが次々に立ち上がっており,将来性のある技術は自動車メーカーによる出資や買収が進んでいる。

Velodyneに代表される,多数のレーザーを積んだ高価なLiDARは過去のものとなり,その開発は完全に新たなフェーズへと移行した。海外発のLiDARがクローズアップされる中,日本からも独自のビームステアリング技術「MultiPol」の実用化を進めるベンチャー,SteraVisionが産総研から立ち上がった。今回はその技術や計画について,CEOの上塚尚登氏に話しを伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日
  • 世界の頭脳が集う亜熱帯の研究機関─OISTの魅力を気鋭の研究者に聞く 沖縄科学技術大学院大学(OIST) Bernd Kuhn 2020年09月08日
  • 空の玄関口を睨む光の眼─LIDARが見守る航空機と乗客の安全 東京航空地方気象台 神田 克裕 2020年08月25日
  • ランプの光が 未知なる小惑星へと探査機を導く─世界を驚かせた成果を支える職人の技 ミヤタエレバム(株) 宮田 智幸 2020年08月20日
  • 光学センサーが実現するダイバーシティ─より身近な自動運転技術の実現へ (国研)産業技術総合研究所 阪野 貴彦 2020年08月19日
  • 究極のユーザー目線による装置開発─二光子顕微鏡を組み上げる元臨床研究医 自治医科大学 西村 智 2020年07月17日
  • 光が肌を魅せる!─化粧品に求められる光学特性とその材料 東京工科大学 柴田雅史 2020年06月12日