日本発のLiDARは世界を変えるか?─「見たいところだけを見る」デバイスの実現に挑む

◆上塚 尚登(ウエツカ ヒサト)
㈱SteraVision CEO

1981年東京工業大学を卒業。専門領域は光デバイス技術。日立電線(現 日立金属)に入社し,光通信デバイスビジネスを立上げた。社内ベンチャーのヘッドとして約100億までの部門に成長させた経験を持つ。
2013年,産業技術総合研究所に入所。シリコン導波路,光スイッチ,光センサーの研究開発に従事。
2016年,産総研で開発した光デバイスと光センサーをコア製品としたベンチャー企業(SteraVision)を設立。工学博士。

自動運転に向けた研究開発が進む中,その基幹技術となることが確実視される「LiDAR」に注目が集まっている。照射したレーザーの戻り光から周囲の物体の形状や距離を捉えることができるため,いわば自動車の「目」としての役割が期待されているが,実用化に向けてはまだ課題も多い。

中でも「低価格」と「信頼性」の両立は必須とされており,光源の数と可動部を減らすことが試みられている。海外ではこれらを実現するアイデアを掲げたベンチャーが次々に立ち上がっており,将来性のある技術は自動車メーカーによる出資や買収が進んでいる。

Velodyneに代表される,多数のレーザーを積んだ高価なLiDARは過去のものとなり,その開発は完全に新たなフェーズへと移行した。海外発のLiDARがクローズアップされる中,日本からも独自のビームステアリング技術「MultiPol」の実用化を進めるベンチャー,SteraVisionが産総研から立ち上がった。今回はその技術や計画について,CEOの上塚尚登氏に話しを伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光が肌を魅せる!─化粧品に求められる光学特性とその材料 東京工科大学 柴田雅史 2020年06月12日
  • 夜空に輝く人工流れ星が導く世界とは─いよいよ第一歩を踏み出す世界初の技術に迫る ㈱ALE 蒲池 康 2020年05月26日
  • 緑の光が日本の漁業を救う─陸上養殖のカギとなる光の効能とは 北里大学 高橋明義 2020年04月21日
  • 金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは 慶應義塾大学 小池 綾 2020年03月19日
  • 脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─ ㈱NeU 星野 剛史 2020年02月21日
  • 高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る 国立極地研究所 片岡 龍峰 2020年01月20日
  • 相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは? 東京大学 香取 秀俊 2019年12月20日
  • 光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは ㈱五藤光学研究所 笠原 誠 2019年11月19日