その技術は宇宙を目指す!未知の海底を照らす海洋フォトニクスとは

◆Blair Thornton(ソーントン ブレア)
東京大学生産技術研究所 准教授(クロスアポイント)
イギリス サウスハンプトン大学 准教授(クロスアポイント)

2006年 イギリス サウスハンプトン大学 大学院 博士課程修了 (海中ロボット)
2003年 東京大学生産技術研究所 文部科学省国費外国人留学生(2年)
2006年 東京大学生産技術研究所 日本学術振興会外国人特別研究員
2008年 東京大学生産技術研究所 特任助教
2011年 海洋開発研究機構 招聘研究員
2012年 東京大学生産技術研究所 特任准教授
同年   海洋開発研究機構 招聘主任研究員
2016年 東京大学生産技術研究所 准教授(クロスアポイント)
同年   イギリス サウスハンプトン大学 准教授(クロスアポイント)

我々が暮らす地球は,表面の約70%が海に覆われる水の惑星だ。しかし,その98%は深さ200 m以上の深海で特殊な潜水艇以外はたどり着くことすらできないため,海底の世界の大半は未知のままであった。

ところが現在,世界では深海を目指して熾烈な競争が繰り広げられている。その目的は海底に眠っているとされるエネルギーや鉱物で,各国がいち早い採掘の実現を目指している。

だが深海の探査には技術的困難が伴う。水圧との戦いに加え,光の減衰が大気中と比べて大きく,数十m先を見るのもやっとだからだ。同じ光でも,地上から130億光年先の銀河を見ることができる天文観測とは,ある意味対照的な世界と言えよう。

今回はその光を使って海底調査に挑む,東京大学准教授のソーントン ブレア氏にインタビューした。果たして海底調査における光のアドバンテージとは何か。宇宙探査にも期待されているという「海洋フォトニクス」技術について話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 究極のユーザー目線による装置開発─二光子顕微鏡を組み上げる元臨床研究医 自治医科大学 西村 智 2020年07月17日
  • 光が肌を魅せる!─化粧品に求められる光学特性とその材料 東京工科大学 柴田雅史 2020年06月12日
  • 夜空に輝く人工流れ星が導く世界とは─いよいよ第一歩を踏み出す世界初の技術に迫る ㈱ALE 蒲池 康 2020年05月26日
  • 緑の光が日本の漁業を救う─陸上養殖のカギとなる光の効能とは 北里大学 高橋明義 2020年04月21日
  • 金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは 慶應義塾大学 小池 綾 2020年03月19日
  • 脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─ ㈱NeU 星野 剛史 2020年02月21日
  • 高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る 国立極地研究所 片岡 龍峰 2020年01月20日
  • 相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは? 東京大学 香取 秀俊 2019年12月20日