光ピンセットが紡ぐ日台友好─研究者が見た台湾パワーの源泉とは

◆増原 宏(マスハラ ヒロシ)
台湾・国立交通大学 講座教授

1968年 東北大学大学院理学研究科修士課程化学専攻修了
1971年 ‌大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程化学系化学専攻修了
1972年 大阪大学基礎工学部合成化学科助手
1984年 京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科教授
1991年 大阪大学工学部応用物理学科教授
2004年 大阪大学大学院生命機能研究科教授(兼任)
2005年 大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻教授
2007年 (財)濱野生命科学研究財団 主席研究員
2008年 紫綬褒章
2017年 瑞宝中綬章
日本化学会フェロー,光化学協会名誉会員,科学と芸術に関するベルギー王立フランダースアカデミー外国人会員等

今回のInterviewは日本を離れ,海外でレーザーを用いた研究をする日本人の姿に迫った。台湾・交通大学で教鞭を取る増原宏氏は,今回のノーベル賞受賞で一躍話題となった,光ピンセットの研究における日本の第一人者。大阪大学を定年後,請われて交通大学で研究と学生の指導を続けている。

増原氏の研究室がある新竹市は台北市から新幹線で40分ほどの距離に位置し,IT関連の工場や企業が集積していることから「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれている。サイエンスパークが置かれ,ディスプレーや半導体などのハイテク産業をけん引し,日本を脅かしてきた中核の地でもある。

そこから日本と台湾を見てきた増原氏の言葉は,台湾産業の力の源泉を理解する上で大きなヒントとなるものだ。また,学生を育てる仕事を真摯に続けるその姿には,大学における研究者のあるべき姿も見ることができる。誌面の都合上,全てを掲載できないのが残念だが,大変興味深いインタビューとなった。まずはご一読頂きたい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光が肌を魅せる!─化粧品に求められる光学特性とその材料 東京工科大学 柴田雅史 2020年06月12日
  • 夜空に輝く人工流れ星が導く世界とは─いよいよ第一歩を踏み出す世界初の技術に迫る ㈱ALE 蒲池 康 2020年05月26日
  • 緑の光が日本の漁業を救う─陸上養殖のカギとなる光の効能とは 北里大学 高橋明義 2020年04月21日
  • 金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは 慶應義塾大学 小池 綾 2020年03月19日
  • 脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─ ㈱NeU 星野 剛史 2020年02月21日
  • 高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る 国立極地研究所 片岡 龍峰 2020年01月20日
  • 相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは? 東京大学 香取 秀俊 2019年12月20日
  • 光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは ㈱五藤光学研究所 笠原 誠 2019年11月19日