光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは

◆笠原 誠(カサハラ マコト)
㈱五藤光学研究所 取締役 R&D主幹

昭和59年3月31日 東京電機大学工学部応用理化学科 卒業
昭和59年4月1日 ㈱五藤光学研究所 入社
平成13年5月21日 同社 R&D主任に就任
平成16年8月21日 同社 企画研究開発主幹 並びに デジタルコンテンツ主幹に就任
平成18年5月21日 同社 R&D主幹に就任
平成20年5月21日 同社 新規事業企画開発室 室長に就任
平成22年5月21日 同社 マニュファクチャリングカンパニー カンパニー長に就任
平成22年10月21日 同社 取締役に就任(現任)

理科の授業で訪れたプラネタリウムに感動を覚えた人も少なくないであろう。かくいう記者もその一人である。なにせ都会では見ることができない文字通りの「満点の星空」を,息をのむようなリアリティで再現するのはもちろん,異なる季節や年月,離れた場所の星空を,旅をするかのように椅子の上から見ることができるのだ。

さらには星の位置を指し示したり,星を結んだ線にイラストを重ねて星座の形を見せたりするような,実際の星空では不可能な解説もお手の物。最近ではプロジェクターの発達によりその表現力をさらに増しており,教育の枠を超え,エンターテイメントとしても認知されるようになっている。

もちろん,ドームの中央にそびえる投映装置も変わってきており,そこには光学技術の進歩も大きな役割を果たしている。今回,世界的なプラネタリウムメーカーである㈱五藤光学研究所を訪れ,その歴史や構造,最新のプラネタリウム事情について,同社取締役の笠原誠氏に伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光ピンセットが紡ぐ日台友好─研究者が見た台湾パワーの源泉とは 台湾・国立交通大学 増原 宏 2019年10月28日
  • その技術は宇宙を目指す!未知の海底を照らす海洋フォトニクスとは 東京大学 ソーントン ブレア 2019年09月18日
  • IT機器の将来を支えるデバイス,国産超小型光トランシーバーに注目! アイオーコア㈱ 藤田 友之 2019年09月04日
  • 日本発のLiDARは世界を変えるか?─「見たいところだけを見る」デバイスの実現に挑む ㈱SteraVision 上塚尚登 2019年08月29日
  • 表現手段としてのレーザー光とは─アーティストが語るその魅力 桜美林大学 田中 敬一 2019年06月24日
  • 分光で食肉の素性を探れ! 食肉・食品業界で期待される光分析技術 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本山 三知代 2019年05月29日
  • 見えない脅威を光で暴き出す! 乱気流を捉えるドップラーライダーとその開発 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 井之口 浜木 2019年04月19日
  • レーザー加工がもたらす未来のものづくりシステムとは?─AIを駆使した加工レシピの最適化へ 東京大学 小林洋平 2019年03月22日