相対性理論を証明する ─いま最も精密な時を測る光格子時計の実力とは?

◆香取 秀俊(カトリ ヒデトシ)
東京大学 大学院工学系研究科 教授

平成3年8月 東京大学工学部・教務職員,平成6年9月 ドイツ,マックスプランク量子光学研究所・客員研究員,平成11年4月 東京大学工学部附属総合試験所 協調工学部門・助教授,平成17年4月 東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・助教授,平成22年5月 東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・教授,平成23年4月 理化学研究所 香取量子計測研究室・招聘主任研究員,現在に至る。朝日賞,紫綬褒章,日本学士院賞など受賞。

時間のものさしとしては現在,セシウム原子時計が採用されている。この時計はイギリスで発明されたものだが,これよりもさらに高精度な時計が日本で生まれた。

光格子時計だ。その開発は東京大学・香取秀俊教授によってもたらされた。これによって秒の再定義が現実的になってきている。

香取教授ら研究グループは2018年11月,光格子時計をスカイツリーに持ち込み,重力による時間の進み方を見る実験を行なった。これは相対性理論の検証につながる。香取教授は,実用化を見据えた応用研究を進めている。

今回編集部では香取教授のもとを訪れ,光格子時計とは何か?その実現によって何が変わるのかについて話を伺った。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 金属3Dプリンターが拓く新たな産業応用─形だけでなく機能性も付与する意義とは 慶應義塾大学 小池 綾 2020年03月19日
  • 脳のヘルスメーターが読み解く新たなビッグデータ ─「脳トレ」は光と共に新たなステージへ─ ㈱NeU 星野 剛史 2020年02月21日
  • 高感度・高速カメラが捉える新たな現象 ─オーロラに隠された秘密に迫る 国立極地研究所 片岡 龍峰 2020年01月20日
  • 光技術が可能にした迫真の星空─最新のプラネタリウムで活躍する光学技術とは ㈱五藤光学研究所 笠原 誠 2019年11月19日
  • 光ピンセットが紡ぐ日台友好─研究者が見た台湾パワーの源泉とは 台湾・国立交通大学 増原 宏 2019年10月28日
  • その技術は宇宙を目指す!未知の海底を照らす海洋フォトニクスとは 東京大学 ソーントン ブレア 2019年09月18日
  • IT機器の将来を支えるデバイス,国産超小型光トランシーバーに注目! アイオーコア㈱ 藤田 友之 2019年09月04日
  • 日本発のLiDARは世界を変えるか?─「見たいところだけを見る」デバイスの実現に挑む ㈱SteraVision 上塚尚登 2019年08月29日