究極のユーザー目線による装置開発─二光子顕微鏡を組み上げる元臨床研究医

◆西村 智(ニシムラ サトシ)
自治医科大学 分子病態治療研究センター 分子病態研究部教授

2007年 東京大学大学院医学博士課程 修了
1999年 東京大学附属病院内科研修医
2001年 東京大学付属病院非常勤医員
2006年 日本学術振興会特別研究員DC2
2007年 日本学術振興会特別研究員PD
2008年 東京大学循環器内科特任助教 JSTさきがけ研究員兼任
2008年 東京大学医療ナノテク人材育成ユニット特任助教
JSTさきがけ研究員兼任
2009年 東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術
開発拠点特任助教
2011年 東京大学システム疾患生命科学による先端医療技術
開発拠点特任准教授
2013年 自治医科大学 分子病態治療研究センター
分子病態研究部教授

その研究室に足を踏み入れると,所狭しと並ぶ実験機材や工作機器,様々なパーツ類の物量に圧倒される。「しまい込むと分からなくなるので,なるべく見えるように出しています」と笑う,この部屋の主で自治医科大学教授の西村智氏は,医学部出身でありながらイメージング装置の開発を行なう,異色のキャリアの持ち主だ。

元々は自身の研究のために行なっていたという開発だが,やがて8Kや二光子顕微鏡といった,最先端の機材を用いたライブイメージングに関わるようになる。

そこまでくると個人の手には負えないと考えそうなものだが,なんと西村氏は自ら二光子顕微鏡を分解し,改造を施して再び組み立てるという,にわかに信じがたい方法によって成果を出してきた。

アイデアとそれを具現化する技術の両輪が揃ったとき,研究の効率は最大化する。もちろん誰もができる話ではないが,得られるヒントもあるはずだ。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日
  • 世界の頭脳が集う亜熱帯の研究機関─OISTの魅力を気鋭の研究者に聞く 沖縄科学技術大学院大学(OIST) Bernd Kuhn 2020年09月08日
  • 空の玄関口を睨む光の眼─LIDARが見守る航空機と乗客の安全 東京航空地方気象台 神田 克裕 2020年08月25日
  • ランプの光が 未知なる小惑星へと探査機を導く─世界を驚かせた成果を支える職人の技 ミヤタエレバム(株) 宮田 智幸 2020年08月20日
  • 光学センサーが実現するダイバーシティ─より身近な自動運転技術の実現へ (国研)産業技術総合研究所 阪野 貴彦 2020年08月19日
  • 光が肌を魅せる!─化粧品に求められる光学特性とその材料 東京工科大学 柴田雅史 2020年06月12日
  • 夜空に輝く人工流れ星が導く世界とは─いよいよ第一歩を踏み出す世界初の技術に迫る ㈱ALE 蒲池 康 2020年05月26日