全ての光を吸い込む究極の黒─「曲げて触れる」微細構造とは

◆雨宮 邦招(アメミヤ クニアキ)
(国研)産業技術総合研究所 物理計測標準研究部門 応用放射計測研究グループ長 博士(工学)

専門分野:光測定器校正の国家標準開発・供給
2000年 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻(修士課程)修了
2003年 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻(博士課程)修了
2003年~2005年 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻 助手
2005年 産業技術総合研究所入所2018年~ 現職

ここ最近「黒い物質」に関する話題を耳にすることが多い。極限まで反射光を減らした物質を纏わせた物体は人間の目では凹凸が見えなくなり,あたかも空間に穴が開いたかのような錯覚にとらわれる。

こうした物質は例えばカメラの迷光防止のほか,様々な光学測定器の精度向上にも役立つ。またARやVRに用いられるHMDではコンテンツへの没入感を高める役割が期待されている。

「黒い物質」の開発と製品化が世界で競うように行なわれている現在,日本でも新たな成果が生まれている。産業技術総合研究所は2019年4月,微細な表面構造であらゆる光を吸収する,究極の暗黒シートを開発したと発表した。

このシートは紫外線~可視光~赤外線の全域で99.5%以上の光を吸収し,特に熱赤外線に対しては99.9%以上という世界最高レベルの光吸収率を達成したという。今回はその開発経緯や特長について,産業技術総合研究所の雨宮邦招氏に話を伺い,究極の暗黒シートの誕生とその秘密に迫った。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 日常に溶け込むダイナミックプロジェクションマッピング─照明としてのプロジェクターの可能性を探る 東京工業大学 渡辺 義浩 2020年10月20日
  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日
  • 世界の頭脳が集う亜熱帯の研究機関─OISTの魅力を気鋭の研究者に聞く 沖縄科学技術大学院大学(OIST) Bernd Kuhn 2020年09月08日
  • 空の玄関口を睨む光の眼─LIDARが見守る航空機と乗客の安全 東京航空地方気象台 神田 克裕 2020年08月25日
  • ランプの光が 未知なる小惑星へと探査機を導く─世界を驚かせた成果を支える職人の技 ミヤタエレバム(株) 宮田 智幸 2020年08月20日
  • 光学センサーが実現するダイバーシティ─より身近な自動運転技術の実現へ (国研)産業技術総合研究所 阪野 貴彦 2020年08月19日
  • 究極のユーザー目線による装置開発─二光子顕微鏡を組み上げる元臨床研究医 自治医科大学 西村 智 2020年07月17日