日常に溶け込むダイナミックプロジェクションマッピング─照明としてのプロジェクターの可能性を探る

◆渡辺 義浩(ワタナベ ヨシヒロ)
東京工業大学 工学院 情報通信系 准教授

2007年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻博士課程修了,博士(情報理工学)
東京大学大学院情報理工学系研究科助教,講師などを経て,2018年より現職
知的情報処理と計測技術を融合する高速実世界センシング,実世界のダイナミックデジタルアーカイブ,超高速プロジェクタの進化と実世界拡張などの研究に従事
日本ロボット学会論文賞,日本VR学会論文賞,画像センシング技術研究会高木賞などを受賞

今やプロジェクションマッピングはイベントに欠かせない技術の一つとなった。巨大な建築物が自在に動き,変化する姿は,理屈は分かっていても不思議な世界に引きずり込まれる楽しさがある。

このプロジェクションマッピングをさらに進化させ,動いている対象に追従して投映する「ダイナミックプロジェクションマッピング」の研究が進んでいる。

我々が普段目にしている「もの」に対し,周囲の環境と矛盾しない映像を映し込んだ時,我々はそれを別の「もの」として認知するのであろうか。

今回はこのダイナミックプロジェクションマッピングで様々な成果を上げる東京工業大学准教授の渡辺義浩氏にインタビューに応じて頂いた。どうしても文字と写真だけでは伝わりきらない部分もあるので,文中にある各リンク先の映像でこの研究の本当の凄さ,面白さを是非ご覧頂きたい。

   続きを読む   


この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • NTTが描く次世代光通信と新たな世界─IOWN構想が導く未来とは 日本電信電話(株) 芝 宏礼,大西 隆之,工藤 伊知郎 2020年11月24日
  • 全ての光を吸い込む究極の黒─「曲げて触れる」微細構造とは (国研)産業技術総合研究所 雨宮 邦招 2020年10月05日
  • 光技術が再構築する伝統芸能─「能」に新たな風を吹き込む 明治大学 福地 健太郎 2020年09月16日
  • 伝統工芸から町おこしまで─レーザー加工が繋ぐ人の絆 (一社)Fab Design Association(FDA)竹末 俊昭,夏山 一彦,U-suke 2020年09月11日
  • 世界の頭脳が集う亜熱帯の研究機関─OISTの魅力を気鋭の研究者に聞く 沖縄科学技術大学院大学(OIST) Bernd Kuhn 2020年09月08日
  • 空の玄関口を睨む光の眼─LIDARが見守る航空機と乗客の安全 東京航空地方気象台 神田 克裕 2020年08月25日
  • ランプの光が 未知なる小惑星へと探査機を導く─世界を驚かせた成果を支える職人の技 ミヤタエレバム(株) 宮田 智幸 2020年08月20日
  • 光学センサーが実現するダイバーシティ─より身近な自動運転技術の実現へ (国研)産業技術総合研究所 阪野 貴彦 2020年08月19日