ひかりのはじまり

hikari_1508_01

僕たちは普段から,光(ひかり)とか光る(ひかる)という言葉を何の疑問も無く使っている。そのうえ,「青春の光」だとか「新幹線ひかり号」だとか「光通信」だとか,さまざまなものに光という言葉を組み合わせているくらい光は重要な言葉のひとつである。そんな光という言葉がどのようにして出来てきたのだろうかということが,僕は以前から少し気になっていたのだ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 音に色? 月谷昌之介 2020年05月27日
  • はるかなる蜃気楼 月谷昌之介 2020年05月25日
  • 魔鏡魔境 月谷昌之介 2020年04月10日
  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 摩周湖は今日も晴れだった 月谷昌之介 2019年12月26日
  • 雨は何色? 月谷昌之介 2019年12月19日
  • 日傘男子誕生 月谷昌之介 2019年12月19日