消える魔球もいつの日か

hikari_1605_01

かつて,テレビで「スポ根(スポーツ根性)もの」と呼ばれる番組が流行っていた時代があった。「スポ根もの」とは,主人公が打ち込むスポーツの道で信じ難いほどの根性で数々の試練を乗り越えていくというお決まりのストーリーの番組の総称だ。

種目はバレーボール,柔道,体操,テニス,野球など様々だ。彼らは鬼コーチのもとで科学的とは言えない猛特訓を重ね,宿命のライバルと戦っていくのだが,その過程において極めてオリジナリティの高い必殺技が編み出されるのが常だった。たとえば,「柔道一直線」という番組の「2段投げ」とか,「サインはV」というバレーボールスポ根ものの「魔のX攻撃」など,当時を知る人が集まれば話題が尽きることは無いだろう。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 摩周湖は今日も晴れだった 月谷昌之介 2019年12月26日
  • 雨は何色? 月谷昌之介 2019年12月19日
  • 日傘男子誕生 月谷昌之介 2019年12月19日
  • 眼医者迷医者 月谷昌之介 2019年09月20日
  • 続・光速半分 月谷昌之介 2019年08月19日
  • 光速半分 月谷昌之介 2019年07月09日