闇は見えるか?

hikari_1701_01

夜中に目が覚めると,辺りは真っ暗でしんと静まり返っている。たまらなく闇が怖くなって部屋の明かりをつけようとする。僕は起き上がって手探りで電灯のスイッチの紐を探してみるのだが,なかなか見つからない。焦りが闇の恐怖を煽り立てる。ふと,それがまだ夢の中なのだということに気がつくと同時に,僕は目覚める。辺りは真っ暗でしんと静まり返っている。闇が怖くて明かりをつけようとする。電灯のスイッチはすぐに見つかり,僕はホッとして紐を引っ張る。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • コーヒー色であるということ
    コーヒー色であるということ 月谷昌之介 2018年05月22日
  • 立ち食い蕎麦にも森羅万象
    立ち食い蕎麦にも森羅万象 月谷昌之介 2018年04月18日
  • めくるめく印象派
    めくるめく印象派 月谷昌之介 2018年03月26日
  • X線を越えるもの
    X線を越えるもの 月谷昌之介 2018年02月22日
  • ブルーライトカットと言われても
    ブルーライトカットと言われても 月谷昌之介 2018年01月17日
  • いつのまにか積丹ブルー
    いつのまにか積丹ブルー 月谷昌之介 2017年12月12日
  • 日陰?日影?
    日陰?日影? 月谷昌之介 2017年11月01日
  • サングラス
    サングラス 月谷昌之介 2017年10月04日