陽炎で揺らめいて

アスファルトの一本道に逃げ水が現れ,その向こうから空中に浮き上がった車がゆらゆらと揺れながらこちらにやってくる。よくある陽炎(かげろう)の光景だ。こんな印象が強いせいか,陽炎といえば真夏を思い出してしまう。特に最近は夏の暑さが凶暴なせいか,ヒートアイランドの都会で陽炎を見ようものなら生命の危険を感じ,さっさと建物の中の入って冷たいビールでも飲まなくては,などと本能的に思ってしまうのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • コーヒー色であるということ
    コーヒー色であるということ 月谷昌之介 2018年05月22日
  • 立ち食い蕎麦にも森羅万象
    立ち食い蕎麦にも森羅万象 月谷昌之介 2018年04月18日
  • めくるめく印象派
    めくるめく印象派 月谷昌之介 2018年03月26日
  • X線を越えるもの
    X線を越えるもの 月谷昌之介 2018年02月22日
  • ブルーライトカットと言われても
    ブルーライトカットと言われても 月谷昌之介 2018年01月17日
  • いつのまにか積丹ブルー
    いつのまにか積丹ブルー 月谷昌之介 2017年12月12日
  • 日陰?日影?
    日陰?日影? 月谷昌之介 2017年11月01日
  • サングラス
    サングラス 月谷昌之介 2017年10月04日