地図を読む

カーナビ(カーナビゲーション)が普及し始めてもしばらくの間は,僕はあえてそれを所有しなかった。どこかに出かけるときには道路地図を熟読してルートを決め,道が分からなくなれば一旦車を止めて地図を確かめ,あるいは助手席に座る同乗者にナビゲーションを託す。それこそがドライブだと思っていた。たとえ助手席の妻が地図読みに手間取って喧嘩になろうと,やっぱり地図第一主義。カーナビなんて堕落であると,僕は頑なに信じていたのである。

ところがどうだ,今では事前にルートを調べることもなくカーナビに頼りきりである。それどころか,最近では街歩きの時にも情報端末の音声案内ナビで目的地に向かうという,もはや”堕落”も行き着くところまで行ってしまったという有様だ。とは言いながら,もともと地図を読むことが好きで,どんな地図でも眺めていれば面白い。

中でも国土地理院の2万5千分の1の地図は格別だ。実際に書き記されているのは等高線と地名,そして,記号だけなのに,それを眺めているだけで山や谷の複雑な地形が浮かび上がってくる。崖や崩落地も克明に描かれているし,植生だって想像することができる。一見地味に見える1枚の地図の中に,実に豊かな世界が広がっているのだ。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • ボックスカメラの空洞 月谷昌之介 2020年03月02日
  • ロマンス?グレー 月谷昌之介 2020年01月31日
  • 摩周湖は今日も晴れだった 月谷昌之介 2019年12月26日
  • 雨は何色? 月谷昌之介 2019年12月19日
  • 日傘男子誕生 月谷昌之介 2019年12月19日
  • 眼医者迷医者 月谷昌之介 2019年09月20日
  • 続・光速半分 月谷昌之介 2019年08月19日
  • 光速半分 月谷昌之介 2019年07月09日