揺らめく光─デルフトの風景─

ヨハネス・フェルメールという画家が,今やブームというくらいの大人気である。ブームの原動力となる作品といえば「真珠の首飾りの少女」だろう。この絵については,「輪郭線がなく反射光のみで表現された真珠」とか,「みずみずしい唇」とか,「ラピスラズリという宝石を粉にして作ったウルトラマリンという超高級絵の具を惜しげもなく使って描いたターバンの青」などなど,その魅力について多くの詳細な解説がなされている。

それはそれで大変興味深い事ではあるけれども,この絵が多くの人たちを魅了した最大の理由は,描かれている少女が実に魅力的,単刀直入に言えば美少女であるということだろう。この絵は「オランダのモナリザ」などとも呼ばれている。しかし,少しオカルト系のモナリザに対して,真珠の首飾りの少女は明らかにアイドル系であり,簡単に比較はできないだろうと僕は思っている。


この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 幻日の現実
    幻日の現実 月谷昌之介 2018年11月16日
  • 憧れのシャンパンゴールド
    憧れのシャンパンゴールド 月谷昌之介 2018年10月22日
  • 失せ物がたり
    失せ物がたり 月谷昌之介 2018年09月25日
  • 瞳に炎
    瞳に炎 月谷昌之介 2018年08月07日
  • 鉄腕アトムの目のチカラ
    鉄腕アトムの目のチカラ 月谷昌之介 2018年07月13日
  • レーザーポインター光線
    レーザーポインター光線 月谷昌之介 2018年07月01日
  • コーヒー色であるということ
    コーヒー色であるということ 月谷昌之介 2018年05月22日
  • 立ち食い蕎麦にも森羅万象
    立ち食い蕎麦にも森羅万象 月谷昌之介 2018年04月18日