きらり

「きらり」という言葉は妙に人を惹きつけるらしい。実際には,「きらりと光る〇〇」とか,「きらりと輝く〇〇」というような使い方が普通だ。「きらりと光る朝露」だとか,「きらりと光る涙」なんていうフレーズは,ありふれてはいるけれども,その情景が頭に浮かんでくる描写力抜群の言葉である。デジタル大辞泉によれば,きらりは「一瞬,鋭く光を放つさまを表す副詞」とある。そう,きらりであるためには,光を放つのは一瞬で,それも鋭くなければならないのだ。ずっと鋭く光を放ち続けているとしたら,それはもはやきらりではない。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 幻日の現実
    幻日の現実 月谷昌之介 2018年11月16日
  • 憧れのシャンパンゴールド
    憧れのシャンパンゴールド 月谷昌之介 2018年10月22日
  • 失せ物がたり
    失せ物がたり 月谷昌之介 2018年09月25日
  • 瞳に炎
    瞳に炎 月谷昌之介 2018年08月07日
  • 鉄腕アトムの目のチカラ
    鉄腕アトムの目のチカラ 月谷昌之介 2018年07月13日
  • レーザーポインター光線
    レーザーポインター光線 月谷昌之介 2018年07月01日
  • コーヒー色であるということ
    コーヒー色であるということ 月谷昌之介 2018年05月22日
  • 立ち食い蕎麦にも森羅万象
    立ち食い蕎麦にも森羅万象 月谷昌之介 2018年04月18日