鉄腕アトムの目のチカラ

子供の頃,僕の家には樹脂でできた鉄腕アトムの貯金箱があった。頭の後ろに硬貨を入れる穴があって,首を外すと中の硬貨が取り出せるというものだ。当時,テレビで放送されていた鉄腕アトムは白黒だったはずなのに,記憶の中のアトムがフルカラーなのはその貯金箱の色合いが頭の中にインプットされていたせいかもしれない。

鉄腕アトムがテレビに登場したのは1963年だ。それから半世紀を経ているのにその存在感は抜群で,今でもロボットの代表としてアトムの名を挙げる人は多いはずだ。テレビ番組の鉄腕アトムを見て,僕はまず「科学の子アトム」そのものになりたいと憧れた。それが叶わぬことだと知り,だったら科学者になってアトムを作ろうと幼い夢が育まれたから,僕の人生にとってアトムは結構な影響力を持っていたのである。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 信号機の威厳
    信号機の威厳 月谷昌之介 2019年05月17日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • 豆電球にシンパシー 月谷昌之介 2019年02月22日
  • ステンドグラスは永遠だけど 月谷昌之介 2019年01月17日
  • ノーベル賞とピンセット
    ノーベル賞とピンセット 月谷昌之介 2018年12月25日
  • 幻日の現実
    幻日の現実 月谷昌之介 2018年11月16日
  • 憧れのシャンパンゴールド
    憧れのシャンパンゴールド 月谷昌之介 2018年10月22日
  • 失せ物がたり
    失せ物がたり 月谷昌之介 2018年09月25日