瞳に炎

沸き立つ闘志が瞳に炎となって燃え上がる。マンガの中ではよく見かける光景だ。「目は心の窓」と刷り込まれている僕たちは,なんら疑うこともなく,そこに描かれた人物の激情を感じ取ることができてしまうのだ。でも,もし本当に瞳で炎が燃えあがったらどうなってしまうのだろうと,野暮とは知りながらもついつい考えてしまう。

まず,あの炎はどこで燃えているのだろう。普通に考えれば目の中ということだろう。ただ,僕たちの目は単レンズの光学系になっているから,レンズのあっち側とこっち側では像の上下左右は反転しなければならない。事実,僕たちの網膜には反転した景色が結像していて,それを脳が処理して元の像に戻しているのだ。漫画で描かれて居る炎は普通に下から上に燃え上がって見えているから,目の中では上から下に燃え下がっていなければならない。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

連載の新着記事

  • なんとなく楽観的に思えてしまうこと
    なんとなく楽観的に思えてしまうこと 池澤 直樹 2019年04月16日
  • 反射板による反射 ㈱オプト・イーカレッジ 河合 滋 2019年04月05日
  • バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~ 山形大学 石﨑 学,栗原正人 2019年04月05日
  • 光学多層膜⑵ 波多腰玄一 2019年04月03日
  • 評価でフィードバックができる人
    評価でフィードバックができる人 池澤 直樹 2019年04月01日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • 加速する, 見えないものを見る技術
    加速する, 見えないものを見る技術 井筒雅之 2019年03月28日
  • 折り紙
    折り紙 熟成考房舎 鴫原正義 2019年03月28日