豆電球にシンパシー

豆電球といえば,小学校の頃に持っていた実験キットを必ず思い出す。理科の教材だったか「学研の科学」の付録だったか,よくは覚えていないのだけれど,よくある「電池と豆電球の実験」の少し洒落たやつ,という感じである。

平べったいプラスチックの箱の中で電池と豆電球をつなぎ,箱のスイッチを押すと豆電球が光るという実にシンプルな構造だ。豆電球の光は箱の両面の窓から外に放射されるようになっていて,それぞれの窓は赤と青のセロハンでできていて,片方の窓からは赤,反対側の窓からは青の光が放射される仕組みだ。

自分で配線(ただつなぐだけ)をし,電池を入れてスイッチを押すと赤や青の窓がピカリと光るのを見て,最初は嬉しかったけれども,窓が青や赤に点滅するだけの仕掛けはあまりにも地味で,僕はすぐに飽きてしまった。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 信号機の威厳
    信号機の威厳 月谷昌之介 2019年05月17日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • ステンドグラスは永遠だけど 月谷昌之介 2019年01月17日
  • ノーベル賞とピンセット
    ノーベル賞とピンセット 月谷昌之介 2018年12月25日
  • 幻日の現実
    幻日の現実 月谷昌之介 2018年11月16日
  • 憧れのシャンパンゴールド
    憧れのシャンパンゴールド 月谷昌之介 2018年10月22日
  • 失せ物がたり
    失せ物がたり 月谷昌之介 2018年09月25日
  • 瞳に炎
    瞳に炎 月谷昌之介 2018年08月07日