信号機の威厳

渋谷のスクランブル交差点が外国人に人気の観光スポットになっているらしい。1回のタイミングで最大3000人くらいの人たちが一斉に歩き出し,ぶつかることなしに交差する様子が,随分とアジア的,刺激的な光景として目に映るようだ。

人同士がぶつからないことも凄いことだけれども,僕はたった3色の電灯の合図ですべての人や車を統制する信号機の力に凄さを感じてしまう。それはまるで偉大な指揮者のようでもある。

僕たちが子供の頃から見慣れている信号機,正式には自動交通信号機が日本で初めて設置されたのは昭和5年(1930年)3月のことだ。場所は日比谷交差点である。交差点の真ん中の柱に縦に3色の電灯が並ぶ街灯のような形だったらしい。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
新規読者登録フォーム

同じカテゴリの連載記事

  • 眼医者迷医者 月谷昌之介 2019年09月20日
  • 続・光速半分 月谷昌之介 2019年08月19日
  • 光速半分 月谷昌之介 2019年07月09日
  • 鼻血の話
    鼻血の話 月谷昌之介 2019年03月28日
  • 豆電球にシンパシー 月谷昌之介 2019年02月22日
  • ステンドグラスは永遠だけど 月谷昌之介 2019年01月17日
  • ノーベル賞とピンセット
    ノーベル賞とピンセット 月谷昌之介 2018年12月25日
  • 幻日の現実
    幻日の現実 月谷昌之介 2018年11月16日